2017年10月27日

お知恵拝借

京都と滋賀にいる、長女と次女が
休みを合わせて、里帰りしてきました。

妻もかわいいですが、娘もかわいいですね(笑)

出産前は、無事に生まれてくれ
保育園では、足速くなってくれ
学校行けば、いい成績とってくれ

いいとこ進学してくれ、就職、結婚、孫の顔
成長と共に、親の欲目は尽きませんが
こうして元気な顔を見せてくれるだけで
ありがたいことですよね

クモの巣に、たっぷりからんだ朝露も
秋の陽光に干されて、すっかり消えてしまいます。




お昼ご飯は、新鮮野菜のサラダに
お刺身のヅケ茶漬け

食欲の落ちる夏場は、冷し茶漬けはかかせませんが
やっぱり熱いお茶漬けの方がうまいですね

魚のダシが染み出て、しゃぶしゃぶの
ミディアムレア状態のお刺身が、絶妙です。





先日、フェイスブックでの献血の呼びかけに
血を抜かれに行ってきました

血も「痴」も抜いてもらって、まっとうな人間になって来い!
妻の激励を受け、会場となっている
スーパー太陽の駐車場へ

献血カーで、熊本から来ている赤十字社の
お姉さんが、「ブログ読んでましたよ~」と
うれしいお言葉をかけられました!

ご出身は天草だそうです
採血する時に、「ヤケドに気をつけて下さい!」と
注意喚起すると、「なんでですか?」と聞かれるので
原鈑こう答えます。

「アツい男の血が流れてますから」

「・・・・・・・・・・」
もはや、暑苦しい男でしかありません(-"-)

10回目の献血という事で、記念品も戴きました・・・が!!
お酒を飲めないアタシに、盃ですか!(笑)




途中何回か、献血カードをなくしているので
たぶん18歳から続けて、100回以上は
血を抜かれております。

輸血後、妙な性格に変わった人が
全国各地にいるかもしれません。




12月7日の本渡方面隊の、小型ポンプ操法大会に向けて
月、水、金曜日と、夜の7時半から
楠浦小学校グランドで、練習をしております。

53歳、おそらく最年長の指揮者として
出場いたします。

(時間がねぇ~~!)と思っているところに
稜南校区三校連絡会PTA研修の講師の依頼が!

極力NOを言わない主義なので
受けてしまいました・・・

そこで皆さんにお願いです。
役員決めや、活動したPTAでの
エピソードや問題になったこと

子供の事や先生の事
先生から保護者への要望など
なんでもかまいません

もちろん、発表する場合は
個人情報は出しませんので

お教え下さいませんでしょうか。
皆さんのお知恵を拝借いたしたい!!







  


Posted by 原田鈑金塗装  at 10:34Comments(4)ボランティア日々の出来事お家ごはん

2017年08月06日

天草ハイヤ道中総踊り

一昨年のハイヤ

コンセプトは愉快な公家さん
しかし子供に泣かれる…



マリオとプラカード賞



昨年、子供たちに愛されキャラを目指し
ポケモンのニャース……のはず



結果子供には、またしても逃げられるも
プラカード賞は、ゲットだぜー!

しかし、暑さと放熱出来ないコスチュームに
熱中症で、倒れる寸前

こんな格好で、救急車にのせられたら
元気になっても、生きて帰れないと

なんとか気力をふりしぼり、やっとのことで
帰宅する




そして今年の天草ハイヤは……

進撃の巨人!からの…あきら100%!!
全身を覆う、超大型巨人タイツ!
これなら中身は、オリだとバレないぜ

ところが出発前、稜南中や楠浦小の生徒さんたちが
原田さん!や原田鈑金さん!と呼ぶではないですか

ヽ(♯`Д´)ノコリャーッ!人前で名前を呼ぶな〰️!
調査兵団に見つかるだろ〰️!怒っていました



BIGDreamの天草バーガーを、食べる姿が
実に生々しい……



紙皿に、アルミホイルを巻いた小道具は
沿道のお客さんに、あきら100%芸をお披露目!


いや、局部をお披露目はしない、お披露目です
繰り返しているうちに、お皿はボロ ボロに…

そして表彰式、「今年のプラカード賞は…」
「稜南会、原田健二さん!」

全会場に響きわたる、アナウンスをされ
正体を公表されてしまいました(笑)





やりました!プラカード賞、3連覇達成!
このスタイルで表彰のステージへ

中村市長から、金一封を受け取ろうにも
自分の金を押さえることで、手一杯です

見かねた市長さん、股間のお皿を押さえてくれ
あいた手に、賞を手渡して頂きました

参加を快く受け入れてくれた、稜南会のみなさん
ハイヤの役員、参加者のみなさま

そして、沿道で応援してくださったみなさま
本当にありがとうございました~♪ヽ(´▽`)/  


Posted by 原田鈑金塗装  at 01:35Comments(5)ボランティア天草観光イベント


もう半世紀を生き抜いてきた、おじさんですが
毎年思う事・・・・

夏って、こんなに暑かったっけ!??

もう頭のお皿も、限界です!!っと

モビルスーツ ガンダムも

言ってるはずです




鈑金屋の目から見ても、素晴らしい完成度の
こちらのガンダム

なんと、生徒さんがつくったがそうです
そう、ここは天草工業高校!

OBたちのきずなが異常に強く
天草の人ごみの中で

「えっさっさ~~!!」と吠えれば
必ず何人か反応するという
天草を陰で支配する、OB連合





こちらで育友会長もしている
オヤジの会代表の野上さん

ついに絵本の読み聞かせは
小中学校の義務教育を越え
高校に進出いたしました





野上さん「保護者の、読み手が足りないので来てください
クラスの希望はありますか?」

原鈑「前回は、男子寮で男ばっかりだったので
女子が多い方が、反応がわかりやすくて助かります」

そう、前回の読み聞かせの様子は→コチラ

野上さん「じゃあ情報処理課の、3年生をお願いします
女子は30名はいますよ、男子は8名くらい」

これは・・・タイムボカンシリーズの名作
ヤッターマンの悪役、ボヤッキーの
名セリフが言える状況ではないのか!?

「全国の女子高校生のみなさ~~ん!」




そこそこのクオリティで
ボヤッキーの真似をしても、クラス中の何人が
知っていることだろう

いや、ここは冒険できない
外す可能性が高いギャグはいかん!

しまった!オレとしたことが
絵本を選ぶことに一生懸命で
女子高校生ウケするネタを
考えてなかった~~




今回選んだ絵本は
「だいじょうぶ だいじょうぶ」
「いつでも合える」
「おもいのたけ」
「戦争で死んだある兵士の物語」

生徒たちのリクエストが多かったのが
「おもいのたけ」でした

一番練習をしていない本なので
読むのに手いっぱいで
クラスの様子をほとんど見れませんでしたが
物音ひとつたてず、真剣に聞いて
いてくれていたようでした

読み聞かせを終え
家に帰ると、妻のMONさん

帰りを、今か今かと
待ち構えていました

原鈑「ドロンジョ様、今戻りました!」

MON「誰がドロンジョだ、さっさと仕事を
片づけておしまい、このスカポンタン!」

いや、さすがよく知ってます・・・









  


Posted by 原田鈑金塗装  at 23:19Comments(7)ボランティアテレビ、アニメ、漫画

2017年07月14日

職業体験学習

「ワセワセが鳴き出したばい!」
どしゃ降りのような、せみしぐれに
独特の、本町は梶山ネーミングを持つ
義母が、言います

ワセワセ、わかります?
クマゼミの事です、ちなみに受験対策は
してくれない方の、クマゼミです

中学校で、労働の大変さと
将来の選択の、手助けのために始まった
「職場体験学習」


職場体験開始

今年は、こちらの3名
前年は、学校の軽トラックを全塗装




まだ3年生で、中学校に在籍中
塗り直すのは気の毒なので、おのおの
一輪車を、カラーリングしてもらう事に




まずは分解
数ある工具から、ネジや形状にあった
工具を、自分たちで探させます

最近の一輪車、お皿の部分は
プラスチック、フレームはアルミ
軽くて取り扱いも楽です


サビてもいないので、作業も楽です
昔はどろどろになって、サビ取りしてたんですけどね~






そんなわけで、もう塗装に入ります



3人三様の、カラーです



工場によっては、1年以上握らせてもらえない
スプレーガンを、初日から持たせます(笑)




塗料の配合も、自分でしてくれる?
おじさん、楽したいから




フレームはハケ塗りね
不慣れな人が、スプレーガンで塗ると
塗料がいくらあっても、足りないんです・・・




塗った部品を組み立てて



次はデザインです



マスキングして、カッターで切りだした文字部分を
うすく何回も、塗り重ねていきます
あせりは禁物ですよ




いつも妻に、指導されっぱなしの原鈑が
今日はいっぱしの先生です!




最後は仕上げのクリヤー
ここは、仕上がりを左右する大事な工程です

ここだけは、ちょっと厳しめに指導
「ここ塗り足りない!」
横からすかして、塗れてないとこ確認して!」

当然ながら、ある程度の習熟が必要な作業
上手くいくはずがありません

だけど最後に少しは、仕事の厳しさを
知ってもらいたいのです




3日間の作業が終わった成果です







3日間、工場のスペースと
時間を空けることは、正直しんどいのですが

彼らの今後の将来を考える
一助となってくれれば、幸いですね!

毎回思う事、体験学習終わると
ぐったりします、一番使うのは時間でもなく
場所でもない

よそ様の子供を預かるので
一番「気」を使います

学校の先生、これが一年中かと思うと
ホント尊敬します



















  


Posted by 原田鈑金塗装  at 10:12Comments(5)ボランティア
7月の第2日曜日
教科書に出てくるような、古い肖像写真が並ぶ
こちらは本渡南小学校で




本渡支部スポーツ推進委員に
1年生の学年レクレーションとして
ニュースポーツの紹介の依頼がありました



生徒さんと保護者の方、100人を超える人が
体育館に集結!館内はサウナ状態です!

画像は「キンボール」という
そこそこ重さもある、巨大風船を使った
親子対決リレー

一年生ひとりひとりに、ルールを理解させ
実践させるのは、そりゃ~大変です

原鈑担当の、「キャッチ・ザ・スティック」
「トントン、パッ!」の掛け声で
棒をまっすぐ立てて、みぎどなりに移動するという種目
4組行って、成功が3回、0回、0回、0回という大霊界大会!!



肉体的、精神的ダメージをいやしに
終了後は、楽園に逃避行




「バンカン」しぼり100%ジュース
「バンカン シフォンケーキ」ハラバンカン
バンカンの想いでいただき
準備「バンカン」で、ネクストステージへ



お友達の同級生が、姫路から天草に
来るから、おもてなしがしたいと
イルカウォッチングにガイドとしての依頼




「南蛮貿易の頃、通訳が住んでいたので通詞島」

「島原の乱で、天草四郎が各地のリーダーと
話し合ったので談合島」

「本渡の街中にも、焼肉食べ放題の島がありますが
それは、ナニ島?」・・・・・・・・

あるお客様「なべしま!!」

しょーもない前ふりでも
成熟された大人の女性は
面白いように、反応して下さいます

そんな女性14人の中に
ニコニコして聞いている
若い男性が一人




原鈑の息子ではありません
中国の広東から、熊大の大学院に
来ている留学生、馬 偉健(マ イケン)くん

ひとりでバスで来たそうで、どうせ本渡まで帰るので
乗せて帰るよということに

せっかくだから、近くの観光スポットを
まわっていこうと、男子なら国境関係なく
好きなもの・・・・・




そう!それはおっぱい!!
どうです、好きなものを前にした時の
この満面の笑みは、ボーダレス!!

原鈑流外交術、名付けて
たらちね外交!!
偉大なる「ちち」!!


※以下の画像は、馬君からいただきました






通詞島の展望台や漁港を撮影
活動的に、「日本」や「天草」をテーマに
撮りまくる、馬くん





そんなところまで撮るの??



コーヒー飲もうよと、再び楽園へ




楽園ブレンドを口にした馬くん
「なめらかで、飲みやすい!」

楽園ブレンドのコンセプトを
ズバリ言い当てる、馬くん!
(おぬし、やるな・・・)



撮影指導 原鈑(笑)

「お土産に、コーヒー豆を買っていきたい」と
言い出した馬くん

どれにする?と聞かれた馬くん
なななんと、「全部の種類下さい!」

ここでまさかの、中国の「爆買い」がさく裂!!

「大丈夫なの?馬くん?」と聞き直すと
「はい、大丈夫です」ニッコリ笑って答える馬くん





たちまち大忙しの、バスさんと
conamiちゃん




その後、本渡バスセンターまで来たら
18時のバスが行ったばかり

次のバスまで、あと一時間あるから
ご飯を食べようと

ラーメン大好きという事で
「一紅」さんへ




原鈑はしょうゆラーメンの大盛り
馬くんは、やきめんの大盛り

うまいうまいと、大好評でした!




礼儀正しく、心やさしい青年の馬くん
今度は友達をつれて、再び天草に来てくれると
言ってくれました

その日を楽しみにしているよ
再見!!

  


Posted by 原田鈑金塗装  at 19:34Comments(2)ボランティア天草観光イベント

2017年06月30日

最近の若い者は・・・

メフィラス星人花を見つめるタロー
地球外からやってきたような、この珍妙な植物
唐突なところから、次々と飛び出すように花が咲きます

メフィラス星人を、メトロン星人の
カラーリングで着色したような、コレ!
なんですか?




さて先日、妻の代打で楠浦小学校に
絵本の読み聞かせへ

担当は、最上級生の6年生です

「原田さん、よろしくお願いします!」
控室にしている図書室まで、生徒さんが
お迎えに来てくれます




教室に入ると、割れんばかりの大拍手
そして黒板には、歓迎の大文字!

こ!これは・・・?
ウエルカムボード!!






これでもか!っという歓待ムードの中
用意した絵本はこちら

「うえきばち」
めが出て・・・ はが出て・・・ 
こてこてのギャグと絵が、親しみやすい
つかみには最高の絵本ですね

「なにを食べたかわかる」
ゴリラも食べちゃうパワフルな魚を
かるく上回る、ネコの圧倒的な食欲

リクエストで、3冊目に突入!
「おへそのあな」
産まれてくる赤ちゃんが、おへそから
外の世界をのぞいているお話





読み終わったら、間髪入れず
生徒さんたちが、感想を述べます

「読み方を工夫して、とてもわかりやすかったです!」

「声色を変えて、すごいと思いました!」

担任の先生が、ほめ上手らしく
それがクラスに浸透して、次から次に
ほめる、ほめる・・・

(やめてくれ!ふだんから
ほめられ慣れてないから、息苦しくなってくる・・・)

「それでは、みんなで原田さんを送りましょう!」

(な、なにをする気だ・・・・・・!)

みんなが席を立ち、群がってくる

(胴上げして、そのまま2階の窓から
捨てる気かーー!!)


あっというまに、子供たちの
つながれた手によるアーチが
教室内から、出口に向かって
できあがる





(なんだこれは!オレは悪い夢を見ているのか?
きっと結婚式の時のように、みんながひざ蹴りを
くらわせて、ボコボコにするパターンか?)

ところが、何事も起きず
教室の外へ・・・

(やられた・・・ このオレが、なんの笑いも
とれずに、教室を後にするとは・・・)

6年生の神対応に、最初から最後まで
主導権を握られ、絵本を読む以外に
何もできない原鈑は、深い敗北感を
感じるのであった・・・

(まったく、最近の若い者は・・・・・・
・・・・・・・・・・・・やるじゃないか!)







  


Posted by 原田鈑金塗装  at 10:23Comments(5)ボランティア
祝日もない6月
今日以外の日曜日は、天草トライアスロン
もちろん選手ではなく、スタッフとしてです

町のミニバレー大会、消防団の夏期訓練と
すべて予定が入ってます

妻の書道行脚の同行で、熊本市内へ
師匠の秘技の伝授の間、することがない原鈑
献血に行きます

混んでます!
待ち時間を利用して、ヒトネタ

うちの箱入り娘は、もうすぐ26歳



※画像はイメージです

幸せは、人それぞれだと思うけど
自分以外の誰かを、好きになるって
素晴らしい事だと思うよ

じっと待っていても、幸せは来ないぞ!




もっと世間を見るのだ!



そしてチャンスが来たら、すばやく
手を出せ‼




酸いも甘いも
成功も失敗も
人生豊かにしてくれるんだよ




しかし都会は、献血さえ待たされるのか  


Posted by 原田鈑金塗装  at 12:34Comments(5)ボランティアおでかけ
先日、新年度になってから
初めての、オヤジの会による
絵本の読み聞かせに、稜南中学校へ




妻が図書館に、購入要望で取り寄せた
谷川俊太郎の絵本

「しんでくれた」と、「かないくん」
なんてシュールな選択でしょうか

「しんでくれた」は、うしやブタ、魚など
他の命を頂いて、人間は生きているのだから
自分もしっかり生きようというお話

「かないくん」は、ある日
クラスメートが突然他界してしまうという
死に関するお話

楽しくスタートを切りたい朝に
重~~い、死をテーマにチョイスする
その感性・・・素敵すぎです・・・






原鈑が、図書館から借りたのは2冊
怪談絵本という、コアなジャンル
「いるの いないの」

偶然にも、作家は谷川俊太郎の新作
「えじえじえじじえ」

教室に入り、ちょっとだけ
ヘンな動きで、教壇の前へ

あいさつを済ませると
「どの本が、いい?」と
4冊の絵本を取り出して、生徒さんたちに
選ばせます

自ら選択すると、グッと本に対する
喰いつきが違ってきます

やっぱり小中生は、こわい話が好きなんですね
「いるのいないの」に希望が集まります

「これ、このまえ3年生に読んだら
大絶叫してたけど、いい?」

「え~~~~~!」と女子生徒
「あっ3年生と言っても、小学生ね」

稲川潤二風に、声のトーンを落として
読み始めました

おばあちゃんの、古い家に行くと
天井に、知らない人の顔がある
というお話なんですが、ちょうど
クライマックスの、ところで・・・

教室の天井を、突然指さし
大声で「ほら!そこに!!!」


「ぎやーーーーーーーーーー!!」

教室に響き渡る、若き男女の悲鳴!
となりの教室は、いい迷惑ですね(笑)








時間が、まだあるようなので
「しんでくれた」も読み、まだ5分あったので

「えじえじえじじえ」も読みました






理屈で考えてはいけません
これは、感じる絵本なのです

「ぞぞぞざーん」

「とほほほ ぽか」





どうかすれば、おおすべりして
しまうかもしれない、内容の絵本でしたが

生徒さんたちの、素直な反応に
気持ちよく、楽しみながら
読ませて頂きました

学校に行って、毎回感じることは
元気をもらって、帰って来るんです










読み終えたオヤジたちが、やり終えた安堵と
達成感の、笑みを浮かべながら
次々と控室である
会議室に戻ってきます

軽く談笑を終えた後、一人のオヤジが
「じゃあこれ、返却よろしく!」と言って原鈑に
図書館の貸し出し袋を、渡してきました

「あっ!じゃあ~これも!」
「これも!!」

たちまちテーブルには、絵本の山が・・・




おいおい、人の親になったというのに
いくつになっても、やるこたあ子供だなあ!!

小学生の下校の時
友達のランドセルを、4つ5つ次の電信柱まで
かついで歩いた記憶が、よみがえる・・・




  


Posted by 原田鈑金塗装  at 00:50Comments(4)ボランティア

2017年01月20日

読まない読み聞かせ

日曜日の消防出初式、さむかった~~
何とかならないんでしょうかね~
あの挨拶の長さ!市長から始まり
消防団長、消防署長、国会議員、県会議員・・・
市議会代表、警察署長!

挨拶、挨拶、挨拶・・・
一時間を超える長さに、整列休め状態で
文字通り「フリーズ」いたしました

そんな中、我らが一升瓶 副方面隊長は
身じろぎもせず、隊の先頭でバリッと
指揮を執っておられましたよ

さて、本日は稜南中おやじの会による
絵本の読み聞かせ、原鈑
読み聞かせのタブーを、あえて犯してみました




ネコに読ませる!
んなぁわけない!!




クラスを代表して、図書係の生徒さんが
読み手の控室に、お迎えに来てくれるのですが
教室に向かう廊下で、言いました

「今日は、読み聞かせしないよ」
生徒さんビックリ!「え~~!なんでですか!?」

「ふっふっふ」
不敵な笑みを浮かべ、皆が待っている
教室の中へ






こちらの絵本
何か気づきませんか?

はい、まったく文字がありません





これぞ、サイレント読み聞かせ!!
絵本のコマを、順を追って
ゆっくり指をさしていきます、むろん無言で





それだけだと、芸がないので
隠し持っていた造花を
場面場面に合わせて、自分の体に
次々に、つけていきます

本の状況に合わせて、無言劇の
ティストで、顔の表情も作りましたよ

不思議な余韻が、残れば成功ですね




これだけだと、物足りないので
もう一冊!谷川俊太郎さんの「すいへいせん」




これは、先ほどの絵本とは
まったくの真逆です!

最初は、一行だけ





それが、ページが進むのに合わせ
同じ文章が、2行、3行・・・っと
積み重なっていき、最後のページは
ご覧の行数です




初めの、ゆったりした読み口から
絵本の後半は、どんどんスピードアップ

読み聞かせでは、厳禁の早口でまくしたてます
落語の「じゅげむじゅげむ」みたいな
リズムを楽しむ絵本ですね

あいかわらず、生徒さんたちの反応も良く
1日のスタートに、クラスから元気をもらいましたよ

風にも、風邪にも負けず
頑張りましょうかね

おやっ?っと思ったあなた
正解です!原鈑のブログなのに
「オチ」がありません!

受験シーズンなので、オチない
ブログにしてみましたとさ
  


Posted by 原田鈑金塗装  at 12:43Comments(4)ボランティア
わが子も通った、地元の稜南中では
職業講話の依頼を受けて、4回くらい
お話しさせて頂いた事は、あるんです

でもその時は、他業種の方3人くらいで
順番に話すので、時間は15分から20分くらい
内容も、自分の仕事の説明に
ちょっと働く意欲や、意味を付け足すくらいで
良かったんですよ

話す相手も、1年生だけでした
稜南中から転勤した、先生から
「原田さん、今度は五和中でお願いします」と
一本の電話

「子供たちが、吹奏楽部時代お世話になった
先生の頼み、オリが断るわけないでしょう!」っと
いつものように、調子よくぶっこいてみたものの

対象は全校生徒200人!そして何より
講師は1人で、時間は60分!!

ただでさえ黙って、仕事をしている
無口な原鈑が、人前で60分もしゃべるなど
まったくの未経験

あわてて、使い方を忘れている
パワーポイントを立ち上げ
スライドを、亀のように作っていきます

でも、やっぱり神様っているんですね!
次から次に、ネタや材料が見つかってきます

ギリギリ作り上げ、スライドの最終確認だけして
リハーサルはなしで、本番へ




うやうやしく、講師として紹介され
会場の、視線の集まるステージへ

つかみは腹話術です


原鈑 「日曜日、天草マラソンで折り返しまで来たんだけど
もうきつくてさ~、そこで五和中の生徒さんが
ボランティアで居てさ、コップを差し出してくれたんだよ~」




人形のタロー「へ~、楽にしてやろうと
毒を盛ったのか?」


原鈑「そんなわけないでしょ!スポーツドリンクをくれたの!
おかげで元気になって、無事に完走出来たので
今日はそのお礼を言いに来ました~」




人形のタロー「おいおい!違うだろ!
今日は職業講話に来たんだろ!」


原鈑「そうでした、それじゃあ始めましょうか!」

稚拙な腹話術でも、つかみは成功したようです

原始時代、獲物をとれない人は
生きていけなかったから始まり、稲作がはじまり
社会が形成され、いろんな職業が生まれたと広げ
明治の初めまで、生まれた土地と職業に
つく人がほとんどだったと続けます

そして現代、憲法で保障された
職業選択の自由、どうせなら自分の好きなこと
得意なことを仕事にしよう!と訴え

ゲームに例えて、社会という冒険に出るには
いろんな仲間や、アイテムがあると便利ですとアドバイス

それは、学力だったり、コミニュケーション力だったり
自分の特徴を売り込む力だったり・・・
どうしたらそれを身に付けられるのか?




校訓であったり、生徒会の目標であったり




「目標を持って、学校生活を楽しむ
そうする事で、自然と身に付きます!」

「面接は、自分をいかに買ってもらえるか
売り込むことです、他の人と同じようにしていては
なかなか買ってもらえません、そこで自分の個性を
出すようにして下さい」

「そして、やりたい仕事に就けない人が
ほとんどなのが現実です、そんな時は
この言葉を思い出してください」


置かれた所で咲きなさい。
置かれた環境で咲くという事は、
仕方がないとあきらめることではない。
自分が笑顔で幸せに生き
周囲の人を幸せにすることによって
神があなたをここに植えたことが
間違えではなかったと証明するのです。


どうしても咲けない時もあります。
雨風が強い時、
日照り続きで咲けない日。
そんな時には
無理に咲かなくてもいい。

その代りに、根を下へ下へと降ろして、
根を張るのです。
次に咲く花が、より大きく、
美しいものとなるために。



渡辺和子著 「置かれた場所で咲きなさい」より

他にも、将来なくなる仕事のランキングや
あれこれ話をさせてもらいました

そして、明日の小学校に読み聞かせに行く
妻が、たまたま見つけた絵本


宇宙でいちばんイケてる会社




どんな仕事にも意味があり、役に立っているということを
書いてある絵本で、今日の講話にはぴったり

稜南中以外でも、絵本の読み聞かせを
ぜひやりたいと、読ませて頂きました

今の学校には、現物投影機という
手元を拡大して映し出す、すばらしい装置が
あるんですね!

それでも、10分くらい時間が余りましたが
生徒さん、先生の質問で
何とか無事、講話を終えることが出来ました

聞いてくれた五和中の皆さん
関係者の皆さん、ありがとうございました

ナンプーさんが酔っぱらって買った
腹話術の人形

スターさんから支給してもらった
イルカの被り物帽子

吹奏楽のお別れ会で、先生から借りた
小さいころからの写真

妻がたまたま見つけた絵本

そして前日に行った、小学校での会議で
たまたま目に入った、現物投影機

すべての偶然が、頭の中で奇跡のように
組み上がり、何とか短い準備期間の間に
発表するまでに、完成しました

教育の神様のおかげかな~
帰ってから、うっとりと余韻に浸っている原鈑に

妻からの一言、「今日は何も仕事しとらんぞ~!」
あ~あ、今日の職業講話のように
原鈑の職業、「こうわ」うまくいきませんね・・・
















  


Posted by 原田鈑金塗装  at 21:51Comments(7)ボランティアイベント主義、主張
たまに書いとかないと、忘れられそうなので
あらためて、うちは自動車の修理を生業としております(笑)




塗装をするときに、周辺に塗料が付着しないように
覆い隠すことを、日本語で養生
英語でマスキングと言います

誰ですか!原鈑がやましいこと
いっぱい腹に、包み隠してるだろうなんて
思ってる人は!





その時に、マスキングテープを
いっぱい使うのですが、こちらが
使い切った後に残る、テープの芯

左から9ミリ、12ミリ、24ミリ、50ミリ
(0.9CM、1.2CM、2.4CM、5CM)





半年も貯めれば、ご覧のとおり
ミカン箱にいっぱい!





ロール紙の芯も、いっぱいあります



園児たちや、小中学校の工作の材料として
はたまた手芸の材料として

使い方はあなたの工夫次第
当社に来ていただければ、もちろん無料で
差し上げます!


マスキングは、ほとんど妻に頼りっぱなし
ものすごく感謝しております

終わったよ~~っと声をかけ
悠々と塗装室を後にした、妻のMONさん

彼女の頭の中は、今晩の飲み会のことで
いっぱいだったのでしょう




お~~~い!ガラスが紙はってないよ~~

  


Posted by 原田鈑金塗装  at 16:58Comments(7)その他ボランティアブロガーさん手芸
こちら、イルカマリンワールドの先輩ガイドさんの
よしえさんと、みとこさん

豊富な知識と、細やかな気配りの
素敵なイルカウォッチングの水先案内人です




原鈑も、昨年は何回か出動させていただきました
その日の、最終便でのことです

陽は西に傾きかけ、やがて空が紅に染まろうかという頃
その当時のイルカたちの群れは、夕方前

二江の沖合から、湯島方面へと移動する
行動パターンが、多かったのですが

その日は、海の様子が何か「ヘン」だったのです
「何かがおかしい・・・?」

腐海を臨み、異変を感じ取ったナウシカか
いつもの森との違いを、瞬時に感じるサンのごとく
原鈑は、船の舳先から海をジッと凝視する

波は穏やかだ、どろんとしたうねりが船を軽く
上下させるだけなのだが、何かが胸に響く

海が騒がしい・・・ こんな感じは初めてだ
イルカたちの動きが、おかしい!?

あきらかに、苦しそうに泳いでいる
一頭のイルカの上に、次から次へと
仲間のイルカが、のしかかっているのです

いじめ!?? 制裁!?
的にされているイルカが、もだえて
身をよじった瞬間、そのお腹から

そのイルカの、尾びれとは
別の尾びれが、出ているのが見えました!

出産!!

「水中出産のイルカたちは、溺死しないよう
尾びれから産まれます」そう何回もお客様に
説明してきたにもかかわらず、実際に見るのは初めてです!

出産半ばで、苦しむ母イルカに
次々に仲間がのしかかる行為

とっさに、フラッシュバックされるシーンがありました
子供たちの、出産に立ち会ったとき
助産師さんが、妻のお腹に全体重をかけ
乗りかかって、分娩の手助けをしたのです

そうか!一分一秒を争うこの時に
仲間が手助けをしているのか!






残念ながら、それから群れを見失ってしまい
決定的瞬間を、見ることはかないませんでした

あの母子も、きっと仲間の手助けのおかげで
こんな風に、仲良く泳いでいるに違いない

そう思いながら、今夜も残業で
車を塗装しております





  


Posted by 原田鈑金塗装  at 00:50Comments(2)ボランティア天草観光自然
原鈑が参加させてもらっている
「オヤジの会」主に稜南中学校での
絵本の読み聞かせを、行っているのですが
野上会長の野望は、留まることを知らず

「今度は、高校生へ読み聞かせお願いします!」っと
言い出すから驚きです!

中学生でもびっくりなのに、高校生ってあんた!
顔のお肌ケアのために、エステのお店のドアを開けたら
中はボクシングジムだった!くらいの
ギャップがあるでしょ~

じゃあ今夜、工業高校の寮にお願いしますね~って
事で行ってきました

寮内に、響く点呼号令の掛け声
食堂に集められた男子高校生、その数100人弱!

その若々しい眼差しが、まっすぐとこちらに一斉に
向けられるのです

「それでは、年頃の皆さんが喜びそうな
一番セクシーな本を、図書館から選んできました!」

苦し紛れのまえふりで、取り出した絵本がこちら





名作、百万回生きたネコ

王様や、世界を旅する船乗りや
おばあちゃんや、子供の飼い猫を百万回繰り返し
飼い主たちは、ネコが死ぬ度にそれぞれが涙を流すのに

そのネコは、一回も泣いたことがなかった

そして初めて野良猫に生まれ、美しい白ネコと
家族を持ち、多くの子猫が巣立ち

やがて愛する白ネコに先立たれて、初めて涙を
流したネコは、その後新しく生まれ変わることはなかったという
すごく奥深い味わいのある絵本です

校長先生や、寮監さんが居たとはいえ
みんな真剣に聞いていてくれてました

オヤジの会は、要請があれば
どちらにでもお伺いいたしますよ(ノ´∀`*)


  続きを読む


Posted by 原田鈑金塗装  at 22:44Comments(6)ボランティア日々の出来事
フェイスブック(FB)、LINE(ライン)で、情報提供を呼び掛けたところ
数多くの方より、ご対応頂き
離れていても、人と人をつなげられる
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の
底力と、他人を思いやる慈愛に感動いたしました

ネット社会や、SNS弊害が叫ばれる中
今こそ、善用された時
その大きな力を世間や
自分たちの、子供に示せるはずです

頂いた情報をまとめてみます


給水所マップ4月16日(土)16蒔半現在→コチラ

熊本市避難所情報 4月16日(土)12蒔現在→コチラ


支援に名乗りを上げて頂いた
小樽の支援物資を届ける、ボランティア団体の
代表の方が言われていました

東北大震災や新潟の震災の時も
行政はあてにならなかった
個人的にされているところに
送り届けたいと


送り先情報

熊本機能病院 総務課 あて

何百人の地域住民を受け入れ、備蓄食糧が底をついたそうです

保存のきく食料、飲料水、トイレットペーパー、経管栄養、塩、ふりかけ
ボランティアも募集


天草のジョアン・デリさん
昨日から本日昼まで、救援物資を募り
被災地まで走られました、二回目はいまのところ未定

地震で地盤が緩んでいるところへ
大雨が予想されています

がけ崩れや、山崩れにご注意を
取り急ぎ、まずアップします

  

Posted by 原田鈑金塗装  at 22:58Comments(2)ボランティア

2016年04月16日

何か出来ないのか!?




何か出来ないのか!?
昨夜に続き、連夜の揺れ
震源地近辺の惨状を伝える報道

親戚や、妻の同級生が家を離れざるを得ない現実
フェイスブック(FB)やライン(LINE)で、発信される安否確認や
苦しい現状

亀川のサンドウィッチ屋さんが、行政に問い合わせたところ
対応できないので、3日間待ってくれとの返事に
待ってられるかと、フェイスブックで呼びかけ
集まった物資を持ち、すでに被災地に走っているようだ

支援がすぐ欲しい被災地の声、走れるトラック
途中の道路状況の情報

中止になったしまった牛深ハイヤで、余剰してしまった食材を
有志で買い取って、当面の食糧とそして届ける

雨具、毛布、粉ミルク、歯磨きセット、簡易トイレ・・・
行政で対応しきれないのなら、小回りの利く
自分たち民間の力で、必要なものを必要なところへ
ピンポイントに届けられるはず

とにかく情報を求む!!
  


今度来る寒波を、やりすごせば
だいぶん温かくなるみたいですね
そのかわり、あのいや~な花粉が
飛ぶ季節がやってくるんですが・・・

さて、本日は稜南中学校に
職業講話の講師として、教壇に立ちました
今回で三回目なんですが
バッタバタで、パワーポイントを
作り直して挑みましたよ




招集された講師は3名
イソップ製菓の菅原社長さんと
中央病院の、ケアマネジャーの池田さん

画像はイソップ製菓の菅原社長さんです





なんと、オリジナルパッケージの
お土産まで、生徒さん一人一人に
ご用意されていました

夏と冬では、味付けや
餅の柔らかさも、変えているんですって

塗装も、夏は乾燥の遅いシンナー
冬は、速く乾くシンナーを使いますよ




車の仕事、整備屋さんと鈑金屋の違い
仕事の内容の紹介など、事前に表情豊かな顔を
撮らせていただいた、先生方の画像を
パワーポイントに入れ込み、とにかく明るい安村風
厚切りジェイソン風のセリフを交え
20分間の持ち時間を、精一杯プレゼンいたしました





いや~~楽しかったですね!
人の笑顔は、何よりの活力源です

ところで今回、仕事の事でネットを検索すると
自動車の整備、修理は
将来なくなる仕事ランキング、第22位でした

なぬ!あたしゃ70歳まで頑張りますよ~
うちの従業員さんのお子さんが、成人するまで!

ところで今回、イソップ製菓の菅原社長から
赤まきを頂いたのですが、ALTの女性講師に
あげちゃいました

原鈑、「金八先生」になり損ねたばかりか
「金髪先生」に、やられてしまいました・・・


  


Posted by 原田鈑金塗装  at 00:13Comments(5)ボランティア日々の出来事主義、主張
原鈑の住んでいる楠浦町の公民館活動
今は、コミュニティーセンターと変わりましたが
そこにある組織の一つ、子供育成部会の部会長を
させてもらってます

町の子供夏祭り、お化け屋敷、スケートバス旅行
本渡第一映劇の貸切上映など企画、活動してきましたが
あす開催予定でした「子供たちのモノづくり、ワークショップ」

予想される大寒波による積雪、悪天候
講師の方と、参加者の方、役員さんの安全を
第一に考慮し、まことに残念ながら
「中止」にいたしました

ご準備されていた講師の方々
楽しみにされていた子供たち、保護者の方々
協力していただいた、役員、事務局の皆様
誠に申し訳ありません

昨年開催した、ワークショップの
様子です



グリーンショップさんによる
苔玉づくり

つづく


  


Posted by 原田鈑金塗装  at 19:15Comments(5)ボランティアイベントブロガーさん

2015年11月24日

完走注意報



先週行われた天草マラソン
毎年、楠浦町のふれあいフェスティバルと重なっていて

天草市のスポーツ推進委員も、おおせつかっている原鈑は
スタッフの要請も、お断りしていました

今年は台風の爪痕が、まだまだお客様のお車に残っていて
休日返上で仕事をしているので、すべての行事を欠席
していたのに・・・

マラソン大会、当日の朝
なんとゼッケンが一枚、無駄になるという事情が発生

「オレ、走ろうかな!」そう宣言すると40分後には
スタートラインで、猫ひろしと一緒に
「にゃ~~!」っと絶叫していました

ハーフマラソン、20kmちょっと
ふだん練習してるかって?まったく走ってませ~~ん

健康診断では、毎回スポーツ心臓と言われ
献血すれば、ヘモグロビンの値は平均以上
陸に上がっても、カッパは速いことを証明してやるぜ!

スタートしてから、アレグリアまでの3~4キロは
あまりに遅いペースに、前のランナー達を
ガンガン抜いて走りました

(凡庸のランナーたちよ、オレ様の背中いや
甲羅を拝むがよい)

広瀬の海水浴場からの登り坂は我慢のしどころです
ところが、得意の下りに入っても
皆さんまったくペースが落ちない

佐伊津の街を過ぎて、再び登り坂がはじまったら
ペースはがっくりと落ち、あとは人々に抜き去られるのみ

折り返してからは、足の筋肉が硬直してきて
走ることもままなりません
しばらく歩いて、硬直がおさまってきたら走り
硬直が襲って来たら、また歩き
その繰り返しです




給水所の水を頭の皿にかけ、置いてあったエアーサロンパスを
足にふりかけまくり、梅干しを20個くらい食べたでしょうか

呼吸は普通にしゃべれるくらい、一糸の乱れもないのに
足は完全に棒状に固まってます

(こうなったらしょうがない、沿道の応援の人々を
ギャグで笑わせるしかない)

「足が棒、頭もボ~、帽子を取ったら
髪の毛ぼうぼう!」

(ダメだ!足が空回りなら、ギャグも空回りしてる)

顔見知りのスタッフから、「原田さん、歩いたら失格ですよ~~」
っと冷やかされ、突然競歩を始める原鈑

こんなにもきついのに、なぜみんな走るのか
実際に走ってみて、わかったことがひとつ

沿道で応援してくれる人々の声援は
一瞬とはいえ、見知らぬ自分に向けられた
無償の愛なのだ

たくさんの愛を、前に進む推進力にして
ようやく待望のゴールにたどり着いたのは
スタートしてから、2時間20分後の事でした

オレは、今日天草路を走った
すべてのランナーを尊敬します!
みんなしっかりと走りこんでいるんだなあ~

昼からは、ロボットのような動きで
ちゃんと仕事をしましたよ

秋の夜に、乾燥ならぬ
完走警報が発動されたのは、お察しの通り

  


Posted by 原田鈑金塗装  at 12:17Comments(5)ボランティア日々の出来事イベント
みなさん、連休は楽しまれましたか~?
原鈑、ここ10年くらいで一番楽しみました~~!!

何をしたかといいますと、簡潔に言うと表題どうり


黄金週間船上河童海豚見物案内人

ゴールデンウィークはカッパがシップにライドオンして
イルカウォッチングのガイドをしたわけですよ




RYUさま、画像拝借m(__)m


もともと旅好きな原鈑は、旅人を迎える側にも
あこがれがあったんです

ユースホステルのヘルパーさんとか、東京ディズニーランドの
アトラクション、ジャングルクルーズのガイドさんとか

それをイルカマリンワールドの、スターさんにお話したら
ぜひ来てください!と快諾していただき、夢がかなったわけです
ドリーム、カム、トゥルーですよ!

普段は、お客様の車にさわり、車と無言の会話しかせず
家の中では「メシ!フロ!寝る!」しか言わない
無口で人前に出るのが何より苦手な、このワタクシがですよ

一念発起、今までの内気な自分を変える転換点に
イルカウォッチングのガイドという、日常とは真逆のお仕事に
挑んだのであります

あっ長くなりそうなので、続きはまた後日・・・



















  


Posted by 原田鈑金塗装  at 19:14Comments(8)ボランティア天草観光
今月をもって、ある洋服屋さんがお店を閉める
フェイスブックに、その発表を見つけた時に
思わず絶句した

今から24年前、自分が東京から天草に来た
大きな要因の一つに、テニスができる環境と
相手の人達がいた事であった

その中の一人が、子供服店を銀天街の一角で
営むMさんであった

当時27歳の自分は、天草に友人と呼べる人は
1人もおらず、一回り年上のMさんに
様々な障壁に突き当たるたび、相談したものである

テニスの事はもとより、仕事の事や人間関係
問いかける度に、返ってくる返答は
実に的を得ており、納得のいくものだった

いま自分が、天草の地に安穏と生活しているのは
Mさんの存在が、大きかったのは間違いない





今は「イオン」と名を変えた、当時のジャスコが
天草にオープンした当初、Mさんも出店された

開店祝いに駆け付けると、オープンイベントの
準備をしていたMさん、原鈑の顔を見るや否や

「原田君!ダイスマンやってくれ!」
なにやら、大きなサイコロを転がして
出た目の景品を、配る役目らしい

「ダ!ダイスマン!??やります!」
いきなり来た人間に頼む方も、頼む方だが
二つ返事で受ける人間も、どうかと思うが・・・

お店のスタッフルームに招かれ
「これを着てくれ」っと、渡された衣装は

かっこいい正義のヒーローとは、ほど遠い
体にぴったりと密着し、顔の部分だけが露出した
緑色のタイツ!!

もじもじ君の、緑バージョンではないか!
おまけに頭の上には、ミッキーマウスでいう
耳の部分には、目玉が書いてある

「これがダイスマン!??」
これはどう見ても、カエル・・・
言うならば、ケロリンマンではないのか?

わき上がる疑念を、払拭するように
Mさんは断言する「そうだ!ダイスマンだ!」

「もうお客さんが集まっている、早く着替えて!」
仕方がない、衣装に合わせたキャラクターを演じるしかない
それがプロの「着ぐるみ師」というもの

「それでは子供達!みんなでダイスマンを呼ぼう~!」
イベントの司会者が、集まったお客さん達に声をかける

純粋無垢な子供たちの大合唱が店内に響く
「ダイスマ~~ン!!」

意を決して、扉を開け
群衆の前へ、飛び出す

「ゲロゲ~ロ!」

大きく叫ぶと
お客さん達の前を、自慢のジャンプ力で
ピョンピョン飛び跳ねて回る


「ギヤー!!」
ダイスマンと期待に胸ふくらませ、待っていた子供たちが
いっせいに後ずさりする

君たちも、ダイスマンという響きに
幻想を抱いてしまったのだね・・・

流す涙を、ダイスマンスーツの中に隠し
ダイスマンは、お客さんにサイコロを渡し
外見に合ったキャラクターを、演じ切る私

「すごい!6が出たゲロ~~!」
そう叫んでジャンプ!そして着地した瞬間
大勢のお客さんの中の一人と、バッチリ目があった

当時、子供を通わせていた
同じ保育園のお母さん!

そのお母さんの目は、これでもか!っというくらい
大きく見開かれたまま、時が止まったかのように
身じろぎもせず

「見てはいけないモノを見た!」感に
満ち溢れていた

お母さんの胸の内は、痛いほど伝わってきた
(原田さん、生活が苦しくてこんな恥ずかしいバイトまで・・・)

いや、本人好きでやってますけど
無償で・・・

その後、そのお母さんとは何十回と
お会いしてますが、その話題には
決して触れては来ずに、20年以上が過ぎ・・・

あのお母さんの、胸の奥底には
緑色の着ぐるみをまとった、原鈑が
今も、飛び跳ねまわっているに違いない・・・

あれから数十年が過ぎ、閉店の知らせを受け
あいさつに伺い

お店を後にして、車に乗り込みシートに身を沈め
ふ~と息を吐き、ハンドルを握りしめた瞬間
わき上がってきたのは、あのダイスマン・・・

何事も冷静に見極めのできる、Mさんの事だ
次なるステップを踏み出される事だろう




  


Posted by 原田鈑金塗装  at 11:06Comments(7)その他ボランティア日々の出来事