画像を見て、すぐに名前が言える人?お好きですね
そう、昨年末最新版「 エピソードⅦ フォースの覚醒」が
公開された、スター・ウォーズ シリーズ
エピソードⅤ 帝国の逆襲で登場した
ATAT スノーウォーカーです

こんな重量のあるメカが、こんな表面積の小さい足で
雪上をかっ歩できるのか?という疑問は

宇宙空間で、火や煙が出まくる
宇宙戦艦ヤマトの戦闘シーンを問うのと同じ
愚問です!





最近、ありがたいことに当ブログや
原田鈑金塗装のホームページをご覧頂き
ご来店下さるお客様が、増えてきました

「原鈑さんは、新潟のご出身だから
天草の冬なんか、全然平気でしょ?」
よく尋ねられます

「はい、へのかっぱ~!ぷっぷ~~!!」と
即答したいところですが、冬の寒さは苦手です

スポーツ心臓で、心拍数が人より少ないせいか
指先は、人より冷たいんです




先日の大雪、あの状態が数か月にわたって
続くのが、雪国の冬です
青い空は、ほとんど拝めません

毎日出勤前は、車庫前の雪かきを数十分
屋根の雪下ろしも過酷ですが、もっと大変なのは
屋根から降ろした雪の処理です

家から離れた集雪場や、融雪溝
川まで、スノーダンプというソリのようなものへ
スコップで雪を入れ、それを一回一回せっせと
運ぶさまは、角砂糖を崩して巣まで運ぶアリのようです

原鈑はもっぱら兄と母に任せ、雪遊び専門でしたが(笑)




しかし、そんな雪国にしか味わえない
極上の日があります「凍み渡り」という現象です

凍み大根や、凍み豆腐と同じ、凍る=「しみ」です
それは冬も終わりに近い、3月頃におこります

天気がよく、太陽の陽ざしが積もった雪の
表面を溶かします、その夜は放射冷却で零下まで下がると
溶けていた雪面が、カッチカチに凍るのです

すると、普段はズボズボとぬかるみ
人の侵入を拒んできた雪面の上を
少しも足が、雪の中に沈むこともなく
魔法の様に歩いたり、走ったりできるのです

普段は道路に沿ってしか、行けなかった学校へ
田んぼの上だろうが、グラウンドだろうが
一直線で近道ができるのです

晴れ渡った青空の下、真っ白な雪面を走る時
まるで雲の上を行く、天使になった気分です

ただし、小川などの上は要注意!
カチカチの雪面のすぐ下は、空洞です

鬼ごっこをしていて、夢中になり過ぎ
ずぼりと、片足をとられ
しこたま固い雪に、顔面をぶつけ
長靴はそのまま、川に流され行方不明
なんてことが、結末に待っています


南国あまくさに積もった雪は
幼少時の、あの夢の凍み渡りの
再現の期待も知らず

白銀の世界が、夢だったかのように
あっという間に消えてなくなりました
淡く、儚(はかな)く・・・










同じカテゴリー(日々の出来事)の記事画像
お知恵拝借
努力が才能を抜く日
チリで拾ったら、コウ(幸)なる
疾病(しっぺい)は成功のもと
やぶはじ(破るは恥だが、損ではない)
まだだらけ
同じカテゴリー(日々の出来事)の記事
 お知恵拝借 (2017-10-27 10:34)
 努力が才能を抜く日 (2017-10-04 15:18)
 チリで拾ったら、コウ(幸)なる (2017-06-17 14:15)
 疾病(しっぺい)は成功のもと (2017-05-02 10:21)
 やぶはじ(破るは恥だが、損ではない) (2017-02-23 16:00)
 まだだらけ (2016-12-24 14:27)

Posted by 原田鈑金塗装  at 01:19 │Comments(4)日々の出来事自然天草以前のお話

この記事へのコメント
大雪なのに木の枝をゆすって雪を落とすのは
原版さんぐらいだわ(*^。^*)
外に出たくないほど雪が降って
も~雪はいらない!!と思いました。
ってか最後の画像めちゃ受けました\(^o^)/
Posted by RYU at 2016年01月31日 12:58
RYU 様
ほんとは蹴った時に、ドサ~~っと落ちるはずなのに
全然落ちなくて、ダサ~~~って感じになっちゃいました(笑)
Posted by 原田鈑金塗装原田鈑金塗装 at 2016年02月01日 09:06
無邪気に雪で遊べるなんて
童心に返らずともいつものまんまですね(^^♪
私は猫の様に炬燵で丸くなってましたが
腰痛になりました(-_-;)
Posted by あひるちゃんあひるちゃん at 2016年02月02日 13:04
あひるちゃん 様
うちのMONさんと、義父は
真昼間から、雪見酒と称して
酒盛りをはじめましたよ(笑)

腰痛は、なるべく軽い運動をするのが
一番ですねヽ(^o^)丿
Posted by 原田鈑金塗装原田鈑金塗装 at 2016年02月05日 00:23
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。