前年の天草ハイヤ、道中総踊りの時
妻は高校の同級会で、崎津の花火大会へ行き

パートナー不在の原鈑は熱中症になり
ニャースもどきの、変態コスプレオヤジの格好で
あやうく、昇天しそうでした

今年はそばにいてくれと、泣いて足もとにすがりつき
クールスプレーやら、スポーツドリンクやらを
持った妻が、万全のサポート体制で
ついてくれましたが、そんなに暑くなく
余裕の完舞でした

その時、撮ってくれた動画




ご覧いただいた皆さんに
笑顔の花が、咲きますように!

よいお盆を、お迎えくださいヽ(^。^)ノ







  


Posted by 原田鈑金塗装  at 09:39Comments(6)天草観光イベント

2017年08月06日

天草ハイヤ道中総踊り

一昨年のハイヤ

コンセプトは愉快な公家さん
しかし子供に泣かれる…



マリオとプラカード賞



昨年、子供たちに愛されキャラを目指し
ポケモンのニャース……のはず



結果子供には、またしても逃げられるも
プラカード賞は、ゲットだぜー!

しかし、暑さと放熱出来ないコスチュームに
熱中症で、倒れる寸前

こんな格好で、救急車にのせられたら
元気になっても、生きて帰れないと

なんとか気力をふりしぼり、やっとのことで
帰宅する




そして今年の天草ハイヤは……

進撃の巨人!からの…あきら100%!!
全身を覆う、超大型巨人タイツ!
これなら中身は、オリだとバレないぜ

ところが出発前、稜南中や楠浦小の生徒さんたちが
原田さん!や原田鈑金さん!と呼ぶではないですか

ヽ(♯`Д´)ノコリャーッ!人前で名前を呼ぶな〰️!
調査兵団に見つかるだろ〰️!怒っていました



BIGDreamの天草バーガーを、食べる姿が
実に生々しい……



紙皿に、アルミホイルを巻いた小道具は
沿道のお客さんに、あきら100%芸をお披露目!


いや、局部をお披露目はしない、お披露目です
繰り返しているうちに、お皿はボロ ボロに…

そして表彰式、「今年のプラカード賞は…」
「稜南会、原田健二さん!」

全会場に響きわたる、アナウンスをされ
正体を公表されてしまいました(笑)





やりました!プラカード賞、3連覇達成!
このスタイルで表彰のステージへ

中村市長から、金一封を受け取ろうにも
自分の金を押さえることで、手一杯です

見かねた市長さん、股間のお皿を押さえてくれ
あいた手に、賞を手渡して頂きました

参加を快く受け入れてくれた、稜南会のみなさん
ハイヤの役員、参加者のみなさま

そして、沿道で応援してくださったみなさま
本当にありがとうございました~♪ヽ(´▽`)/  


Posted by 原田鈑金塗装  at 01:35Comments(5)ボランティア天草観光イベント
7月の第2日曜日
教科書に出てくるような、古い肖像写真が並ぶ
こちらは本渡南小学校で




本渡支部スポーツ推進委員に
1年生の学年レクレーションとして
ニュースポーツの紹介の依頼がありました



生徒さんと保護者の方、100人を超える人が
体育館に集結!館内はサウナ状態です!

画像は「キンボール」という
そこそこ重さもある、巨大風船を使った
親子対決リレー

一年生ひとりひとりに、ルールを理解させ
実践させるのは、そりゃ~大変です

原鈑担当の、「キャッチ・ザ・スティック」
「トントン、パッ!」の掛け声で
棒をまっすぐ立てて、みぎどなりに移動するという種目
4組行って、成功が3回、0回、0回、0回という大霊界大会!!



肉体的、精神的ダメージをいやしに
終了後は、楽園に逃避行




「バンカン」しぼり100%ジュース
「バンカン シフォンケーキ」ハラバンカン
バンカンの想いでいただき
準備「バンカン」で、ネクストステージへ



お友達の同級生が、姫路から天草に
来るから、おもてなしがしたいと
イルカウォッチングにガイドとしての依頼




「南蛮貿易の頃、通訳が住んでいたので通詞島」

「島原の乱で、天草四郎が各地のリーダーと
話し合ったので談合島」

「本渡の街中にも、焼肉食べ放題の島がありますが
それは、ナニ島?」・・・・・・・・

あるお客様「なべしま!!」

しょーもない前ふりでも
成熟された大人の女性は
面白いように、反応して下さいます

そんな女性14人の中に
ニコニコして聞いている
若い男性が一人




原鈑の息子ではありません
中国の広東から、熊大の大学院に
来ている留学生、馬 偉健(マ イケン)くん

ひとりでバスで来たそうで、どうせ本渡まで帰るので
乗せて帰るよということに

せっかくだから、近くの観光スポットを
まわっていこうと、男子なら国境関係なく
好きなもの・・・・・




そう!それはおっぱい!!
どうです、好きなものを前にした時の
この満面の笑みは、ボーダレス!!

原鈑流外交術、名付けて
たらちね外交!!
偉大なる「ちち」!!


※以下の画像は、馬君からいただきました






通詞島の展望台や漁港を撮影
活動的に、「日本」や「天草」をテーマに
撮りまくる、馬くん





そんなところまで撮るの??



コーヒー飲もうよと、再び楽園へ




楽園ブレンドを口にした馬くん
「なめらかで、飲みやすい!」

楽園ブレンドのコンセプトを
ズバリ言い当てる、馬くん!
(おぬし、やるな・・・)



撮影指導 原鈑(笑)

「お土産に、コーヒー豆を買っていきたい」と
言い出した馬くん

どれにする?と聞かれた馬くん
なななんと、「全部の種類下さい!」

ここでまさかの、中国の「爆買い」がさく裂!!

「大丈夫なの?馬くん?」と聞き直すと
「はい、大丈夫です」ニッコリ笑って答える馬くん





たちまち大忙しの、バスさんと
conamiちゃん




その後、本渡バスセンターまで来たら
18時のバスが行ったばかり

次のバスまで、あと一時間あるから
ご飯を食べようと

ラーメン大好きという事で
「一紅」さんへ




原鈑はしょうゆラーメンの大盛り
馬くんは、やきめんの大盛り

うまいうまいと、大好評でした!




礼儀正しく、心やさしい青年の馬くん
今度は友達をつれて、再び天草に来てくれると
言ってくれました

その日を楽しみにしているよ
再見!!

  


Posted by 原田鈑金塗装  at 19:34Comments(2)ボランティア天草観光イベント
こちら、イルカマリンワールドの先輩ガイドさんの
よしえさんと、みとこさん

豊富な知識と、細やかな気配りの
素敵なイルカウォッチングの水先案内人です




原鈑も、昨年は何回か出動させていただきました
その日の、最終便でのことです

陽は西に傾きかけ、やがて空が紅に染まろうかという頃
その当時のイルカたちの群れは、夕方前

二江の沖合から、湯島方面へと移動する
行動パターンが、多かったのですが

その日は、海の様子が何か「ヘン」だったのです
「何かがおかしい・・・?」

腐海を臨み、異変を感じ取ったナウシカか
いつもの森との違いを、瞬時に感じるサンのごとく
原鈑は、船の舳先から海をジッと凝視する

波は穏やかだ、どろんとしたうねりが船を軽く
上下させるだけなのだが、何かが胸に響く

海が騒がしい・・・ こんな感じは初めてだ
イルカたちの動きが、おかしい!?

あきらかに、苦しそうに泳いでいる
一頭のイルカの上に、次から次へと
仲間のイルカが、のしかかっているのです

いじめ!?? 制裁!?
的にされているイルカが、もだえて
身をよじった瞬間、そのお腹から

そのイルカの、尾びれとは
別の尾びれが、出ているのが見えました!

出産!!

「水中出産のイルカたちは、溺死しないよう
尾びれから産まれます」そう何回もお客様に
説明してきたにもかかわらず、実際に見るのは初めてです!

出産半ばで、苦しむ母イルカに
次々に仲間がのしかかる行為

とっさに、フラッシュバックされるシーンがありました
子供たちの、出産に立ち会ったとき
助産師さんが、妻のお腹に全体重をかけ
乗りかかって、分娩の手助けをしたのです

そうか!一分一秒を争うこの時に
仲間が手助けをしているのか!






残念ながら、それから群れを見失ってしまい
決定的瞬間を、見ることはかないませんでした

あの母子も、きっと仲間の手助けのおかげで
こんな風に、仲良く泳いでいるに違いない

そう思いながら、今夜も残業で
車を塗装しております





  


Posted by 原田鈑金塗装  at 00:50Comments(2)ボランティア天草観光自然
本日は、新和ではまぼうまつりですね コチラ

いろんなお店を巡るのも、楽しみですが
はまぼうの花、どんな花か知ってます?

なんと天草市の「花」なんですよ




場所は、楠浦町から新和町に入ってすぐの所です



案内板もありますよ




河川の水と、海水が入り混じる微妙な湿地に生える
木なんですね、これだけの群生地は
今や貴重なんです!




木道の手すりの隙間から、歓迎のフラワーロード
せっかくだから、下に降りてみましょう




どうかすれば、見落としてしまいそうなほど
淡い、淡い黄色の花

木々の葉の黄緑に、吸い取られてしまいそうなくらい
つつましい色




ハイビスカスの仲間なのに、なにゆえそんなに
目立たぬ色をまとうたのか、うすばきいろの花びら




らせん状の花びらに問うても
ただ、そこに咲く花たち




花は、たった一日でしぼみ
淡い一瞬の輝きを終える

そして、あとからあとから
別の花びらが、線香花火の様に
次々と花開く




陸と海の境目で、梅雨と真夏の混沌の季節に
白と黄色の間の色を選んで、君はそこに咲く

強く自己主張はしなくとも、確かな存在感のある人
そんな、はまぼうの花のような人
身近にいませんか?


来年も、そしていつまでも
咲き続けて欲しいなぁ・・・















  


Posted by 原田鈑金塗装  at 23:58Comments(5)天草観光
話は連休前に戻る

イルカウォッチングの、ガイドを引き受けたはいいが
予備知識はゼロと言っていい

原鈑の目に、狼狽の色を見て取った総元締めのスターは
数枚のレポート用紙がファイルされたものを、すっと取り出すと

自信のなさを言葉に出そうとする、原鈑の口元に
制止するように差し出した

「これ、当日までに目を通しておいて」そう言い残すと
まっ黒の革のライダーズスーツに、身を包んだスターは

長い髪を潮風に遊ばせ、夕陽の中に峰不二子をほうふつさせる
シルエットを残し、バイクの爆音と共に去って行った

ファイルには、現場の地理的なことから通詞島や湯島の
歴史的な背景、思わず「へぇ~」と口に出てしまう
イルカの予備知識が、わかりやすく記述されていた

よし、これはイケる!今まで学校のテストは
すべて一夜漬けで乗り切ってきたんだ
ガイド本番まで、間に合わせてやる!

一通り目を通し、二回目を読んでいる途中で
睡魔に勝てなくなり、深い眠りに落ちて行ったのは
初ガイドの前日の夜の事だった




ガイド初日、いきなり一人立ちは無理がある
まずは先輩ガイドに同行して、ノウハウや注意点を学ぶのだ

ブロガー「天てん」として、かたらんなに君臨していた彼は
その身を隠し、ここイルカマリンワールドで「TENTEN」と
名を変え、潜伏していたのである

TENTEN
「いいか、ここでオレの事を『天てん』さんとは呼ぶな
オヤジリーダーと呼べ」

原鈑
「オヤジリーダー!?・・・ですか?」

TENTEN
「そうだ、わが社にはバイトの頭バイトリーダーがいるんだから
オレは、オヤジリーダーでいいだろ」

原鈑
「わかりました、オヤジリーダー・・・」

いきなり妙な造語に戸惑う原版に、オヤジリーダーは
追い打ちをかける

TENTEN
「いいか、この海に泳いでいるのは野生のイルカだ
彼らは毎日生死をかけて戦っている」

「オレたちにとっても、生活をかけて船を出す
ここは戦場なんだ!連休の浮かれ気分で
船に乗るつもりなら、今すぐ帰れ!!」

いつもの知っている、天てんさんとは
全く違う姿と言葉に、返事もできない原鈑

(言えない・・・船の上だけに、『せんじょう(戦場)』なんですね♪
なんて・・・)

まるでゴルゴ13のように、腹の底まで見透かされた
オヤジリーダーの視線に射抜かれ、瞬きすることも忘れるほど
硬直する原鈑であった





画像拝借


※なお登場する人物は、架空ではありませんが
性格や特徴は現実とは違うかも・・・しれません





















  


Posted by 原田鈑金塗装  at 19:09Comments(11)天草観光ブロガーさん
みなさん、連休は楽しまれましたか~?
原鈑、ここ10年くらいで一番楽しみました~~!!

何をしたかといいますと、簡潔に言うと表題どうり


黄金週間船上河童海豚見物案内人

ゴールデンウィークはカッパがシップにライドオンして
イルカウォッチングのガイドをしたわけですよ




RYUさま、画像拝借m(__)m


もともと旅好きな原鈑は、旅人を迎える側にも
あこがれがあったんです

ユースホステルのヘルパーさんとか、東京ディズニーランドの
アトラクション、ジャングルクルーズのガイドさんとか

それをイルカマリンワールドの、スターさんにお話したら
ぜひ来てください!と快諾していただき、夢がかなったわけです
ドリーム、カム、トゥルーですよ!

普段は、お客様の車にさわり、車と無言の会話しかせず
家の中では「メシ!フロ!寝る!」しか言わない
無口で人前に出るのが何より苦手な、このワタクシがですよ

一念発起、今までの内気な自分を変える転換点に
イルカウォッチングのガイドという、日常とは真逆のお仕事に
挑んだのであります

あっ長くなりそうなので、続きはまた後日・・・



















  


Posted by 原田鈑金塗装  at 19:14Comments(8)ボランティア天草観光

先日のブログで、出題した
この器具、これは真上から見た画像



横から見ると、一目瞭然


そう、ソフトクリームのスタンドです
銀天街から、ちょっと一本裏に入った
角にある「電気まんじゅう」の看板でおなじみの
まるきん製菓さんです






開店当初から、活躍してきたであろう
鯛焼き器の、規則的でやわらかな金属音が

店内を良き昭和のまま、時計の秒針のように
時を刻み続けてきた

けっして座り心地が、いいとは言えない
レトロな木製の椅子に、身を沈め

せわしない平成から、切り離されたような
なつかしい空間にひたっていると

年頃の、娘さんを連れた母子が
隣のテーブルに座った

「ここ、お母さんが学生の時に
よく来たお店よ!、デートでも来たわね
お父さんとは、別の人と」

えっ!?という顔を、娘さんは一瞬だけすると
いたずらっぽく、母親がウィンクをして見せたのを合図に
2人の明るい笑顔が、店内に心地よく響いた



モダンという言葉は、最新のとか
新しいという意味であったが
その言葉が出来てから、時代の流れはどんどん加速し
むしろ「レトロ」なと、同義語に近いイメージがある

最新式を売り物に、昭和の王道を進んできたお店
まるきん製菓

それはまさに、モダンを今に伝える
世代を超えて、味わえるお店であり続ける



  続きを読む


Posted by 原田鈑金塗装  at 19:06Comments(10)天草観光

2013年12月09日

天空に架かる、光の橋


国道フェリーで、出水から帰ってくる娘を迎えに
牛深港へ

目の前に現れる、圧倒的な存在感と光り
ハイヤ大橋が、駐車場に帯状の灯りを落としている

まだ船の到着時間には、少しばかり時間がある
(よし、夜のハイヤ大橋を登ってみるとしよう)

光あふれる歩道が、夜空まで登れるかのように目の前に伸びていた
まるで天国への道だ・・・
強烈でやさしい光に、軽いめまいさえおぼえる




絶妙な照明と、間接光に包まれた
空間を進むと、このまま空まで登れそうな
不思議な浮遊感を味わえる




橋のカクテルライトが、水面に幾多の色を
ゆらゆらと、遊ばせている

それを漁船の航跡が、よりいっそうかき混ぜて
漆黒の海面を、滑るように去って行った




「水面に映った橋を、渡るような絵空事だ」
夢を語るとき、誰かがそう言うだろう

だけど、その優雅で絶妙な弧を描いている橋を
見ていると、この天草にだっていろんな道が見えてくる

そんな勇気をもらえた、10分間の散策だった




ハイヤ大橋と、月に照らされ
ボクは、この道を突き進む







橋の曲線に沿わせて、いろんな思いを巡らせていると
胸の携帯に、着信を知らせるメロディーが流れる

でてみると、MONさんからの絶叫が
「ゴラァ~どこほっつき歩いてる!?
もう船はついてるぞ~!!」

あわてて全力疾走で、ハイヤ大橋を駆け下る原鈑
下りの勾配に、足は能力以上に回転しまくり
ウサイン・ボルト並みのスピードで疾走!

と!止まらない!!誰か止めてくれ~~!!

ハイヤ大橋と、月に照らされ
ボクは、この道を突き進む・・・









  


Posted by 原田鈑金塗装  at 18:58Comments(9)天草観光
昨日のことでございます
仕事をしている私の頭の中に、突然に乳神様が下りて来られ
こう言われました「汝、我が紅に染まる姿を写メるがよい」

バーン!激しく扉を開け、塗装ブースの中で仕事をしている
MONさんのところへ・・・
「いま乳神様より、御神託があった!!仕事は早く切り上げて
夕日が沈む前に行こう!」




「北北西に進路をとれ!」天草空港の横を通り過ぎ
海を目指します



傾き続ける太陽の斜光を受け、木々も濃い陰影を
山肌に深く刻み込み、コントラストを鮮明にします

「夕日を浴びると、俺はカッパに戻る・・・」



海が夕日を飲みこむのが早いか
ポイントに到着するのが早いか、トワイライトゾーンを疾走!!




「海だ!間に合ったぞ!!」


「MONさん見てごらん、落日の残光が
海に金貨をばらまいているよ・・・

だけど、その宝物はけっして使う事は出来ない
本当の宝物って、使えないもの・・・なのかもしれないね・・・」



「ボクの一番の宝物・・・・それはもちろん君だ!」
「あの風車のように、人生の波風を受け入れて
ずっと一緒に、時の移ろいを刻み続けて回ろうよ・・・」



「あれえ~!?MONさんいない!!」


「ごらぁ~!!一人でブツブツ言ってないで
早くお店に入って、酒飲むぞ~~!!」



ちょっと待っておくんなさいまし
あたしゃ目的があって、ここに来たんですから・・・

しかし天下の往来で、でかでかと「おっぱい」と看板があるところって
ここぐらいでしょうね~



これが、紅に染まる「紅いおっぱい岩」


昼間とは違い、赤みがさしてセクシーでしょう♥


思わず、ピンクの乳首をアップで・・・
皆さん、原鈑をお許し下さい・・・だって男の子なんだもん!


MONさんも、おっぱい見せに来れば・・・あっいやいや
見に来ればいいのに

しかし、ここでカメラの限界に気づきました・・・
岩にフォーカスすると、夕陽がとれず



夕陽にフォーカスすると、岩が真っ黒に・・・


「くそ!どうしたらいいんだ!乳神様教えてくれ」

乳神様が答えををくれました



これが、おっぱい岩の真のお姿です・・・

今思うと、フラッシュたけば良かったのかな~?
誰か今度やってみて下さい


わたくしが、高尚な悩みにふけっていると
一台の見覚えのある車が停まりました



茜色に染まる扉をそっと開け、怪しい男が店内に消えていきました


続きは「夜のIroha編」にて 





  


Posted by 原田鈑金塗装  at 00:42Comments(10)天草観光

2013年04月28日

杉ようかんのひみつ

天草謹製品のひとつ、崎津の「杉ようかん」
宮津地区振興会 南風屋

1787年、徳川家斉が第11代将軍となったときに
祝賀のために琉球王(現沖縄)中山王の使節船が
1790年(寛政2年)7月11日に琉球を出航したそうです

その一行は、鹿児島を目指していたそうですが
嵐に巻き込まれ漂流を続け、崎津地区の「落度の浜」に
漂着したそうです

そのときに、崎津の人たちが飲料水・食料等を持ち寄ってくれたので
御礼に、現在崎津名物品となっている
「杉ようかん」の製造方法を教えたと言われています

「ようかん」と名がついていますが・・・
けっして、ようかんではありません!kimochi8
ハッキリ言ってモッチモチの「もち」ですhime17
モッチリとしっとりの、餅好きにはたまらない噛みごたえ


杉の香りが、ほんのりとしますが
花粉症の原鈑が平気だったので、ご心配なくhime23


「でも自然派のオイラとしては、その鮮やかな赤が気になるニャ~」

ご指摘のこの色鮮やかな「赤」
食紅?合成着色料??

ご心配なく、この赤色の正体はコチラ
ドラゴンフルーツ!!


なかのあんこは、甘さ控えめで
昔ながらの沖縄の味、悠久の琉球の味を伝えてます
スティック状で、とても食べやすく
これだけ手間暇がかかっているのに、たったの150円kimochi37


これは見かけたら、買うしかないでしょう~
なお、「吉田製パン」さんが作られている
「杉ようかん」もあります、お間違いのないよう  


Posted by 原田鈑金塗装  at 10:59Comments(5)天草観光

2013年04月23日

祭りのあとのコーヒー

少年KPくんより、コメントを頂いて
ブログに掲載した画像の、前に撮った写真を見たら
写っていました、少年KP!しっかり「シェンロン」を押してましたね

牛深の帰りに、いつも寄る所
宮地岳町と河浦町の境目にある


ふるさと直売店「立原の里」


ここはプチ道の駅と言ってもいいくらい
品揃えが豊富です


米麹にしょうゆの実


ピーナツ豆腐、小は150円


イチゴジャムはオヤ汁ぬきですよ(笑)
果実がごろごろ入って120円!!フキの佃煮100円!!


いかり寿司さんの、ちらし寿司ゲットー!
こちらに毎日納品されてるそうですよ~


サラダ玉ねぎ、100円!


ほぼ「でこぽん」に近い不知火、2kg 400円!!


そして眠気がピークに達するこのあたりに
うれしい本格ドリップコーヒー「きらきら」さん


ほぼ毎日、お店を出されているそうです


はじめてきく、コーヒー豆の名前ばかり・・・


モカ、ゴールデンマタリを頂きました
雑味のない、すっきりした味わいながら
コーヒーの香りと、風味は豊かです

炭火焙煎ではないので、苦味はドンとこず
あとから、サラリと来る感じ
豆を挽いてからも、ひと手間かけてます


ここにも珈琲道を極めんとする方が!!
かたらんなではメジャーな「楽園珈琲」とは
違った手法で、高みを目指しておられます

通られたときは、ぜひお立ち寄り下さい
おかげで、目がバチっとさめて
快適ドライブで、家路に着きました  


Posted by 原田鈑金塗装  at 00:46Comments(8)天草観光

2013年02月20日

春告げ魚「素魚」

今日、ウグィスの初鳴きを聞きました。
朝晩はまだまだ冷えますが、日差しはもうポカポカですね。

楠浦町に、早春を告げる「しろうお」が届きました。


ちなみに「しらうお」と「しろうお」は違う魚ですよ。
しらうおは、しらうお科、しろうおはハゼ科の魚です。
参考→しらうおと、しろうおの違い

こちらの堀切は、1861年から
4年がかりで岩山を切り崩し、つくられたものです。
参考→楠浦町振興会ホームページ


今も残る、当時のノミの跡


産卵のため群れをなし、川を遡上するところを
網を張って、待ち伏せします。
四隅を持ち上げるので【四手網漁(よつであみりょう)】と
呼ばれています。


群れが網の上に差し掛かったら
タイミングを見計らって、引き揚げます。

体が透明なので、よ~く目を凝らさないと
見逃しますよ~~\(◎o◎)/!



そりゃ~~~、ビチビチビチ!!
そのまま、大きく口を開けて飲みこみます!!
(笑)嘘ですよ!!


タヒチアンダンスをしたり、ムーンウォークをしたりして
踊りながら、食べるのが正式な踊り食いです!

(笑)またまた嘘です!
生きたまま、酢醤油で頂くのが「踊り喰い」ですが・・・
このシロウオたちの視線に、私は耐えられません・・・(ーー;)


お吸い物がおススメですが、かき揚げなんかもイケるらしいですよ
今から1か月は取れるので、見学などは楠浦振興会か
原鈑まで、お問い合わせ下さい。  


Posted by 原田鈑金塗装  at 15:45Comments(19)天草観光
MONさんが書にはまり、遊んでもらえないので
誕生会のお店まで、歩いて行く事にいたしました。
ナンプーさんと店長が、私の足元にひれ伏し
「もう勘弁して下さい!!」と言うくらい
お店の食材を、喰いつくすぐらい
空腹になるためです!!

驚いた事に、もうタンポポが!!
車では見過ごす、季節の移ろいを感じられる
歩くことはいいことですね

大門港から、上島と下島の海峡沿いに瀬戸橋の
橋の下の赤橋までのシーサイドウォークです。





はい、赤橋につきました!!(笑)

まだ大門港ですね!ここから本渡方面まで
ウッドデッキの遊歩道が続くんですよ!

マイタウン うしぶか でもご紹介されていました→コチラ

足にやさしく、あるく度に「コツリ、コツリ」と
何とも耳に心地よい、やさしい音がします。

バードウォッチングも楽しんで・・・。

シュロの木が立ち並んでいると
「あ~自分は今、南国にいるんだな~」って
実感しませんか?天草移住組のみなさんは
きっと同感してくれるはず・・・。

すると前方に、見慣れた後姿が・・・!?


これは夢か!?幻か!?もののけの仕業か!?


歩を速めると、遊歩道終点の赤橋がみえてきました。


天草シーサイドホテルです。天草シーサイドといえば
四郎の館、SIROUさんの「天草シーサイド広告社」
その連載、中断を嘆くファンも多いはず!
なんと、連載継続中ですよ!→コチラ


ゆっくり歩けば、30分位でしょうか
原鈑おススメの散歩道でした。

先ほどの前を行く人影は、私の義母
名は「愛子」、人呼んで「ぎぼ愛子」と言います(笑)
本当は「美智子」さんです、MONさんのママ

ままモンっといって、楠浦町の
ご当地キャラクターですよ!!

・・・・・・・・というのは
赤橋だけに、まっかなウソですヽ(^o^)丿  


Posted by 原田鈑金塗装  at 16:54Comments(15)天草観光

ここは二江大橋のたもと、我々が漆黒の闇に、途方にくれていると

一筋の光明が近づいてくる!

真っ暗な海面を、滑るように近づいてくるもの
それは一艘のクルーザーであった
その名も「星羅(せいら)」地球船型の宇宙船であることは
ここだけの秘密にしておこう・・・。


「クルーザーが、こっちにクルーザー!!」
うっ!?MON様のパンチが
的確に原鈑のみぞおちを、えぐる!



MON「ただでさえクソ寒いのに、これ以上寒いギャグ言うんじゃねえ!!」
ぐっ寒いのはオレの「せいら」ないのに・・・・。


船の操舵輪に、えもしれぬロマンを感じる人は多いはず。


広大な海原を、「初日の出」を求めて
幻の初日の出島へむかう。


上空を覆う厚い雲
「今日も見れないのか、いや、きっと見れる!!」



そのとき、淡かった黄金色の輝きが増してきたではないか!

ここからのBGMは「2001年宇宙の旅」でお願いします。

万物の生命の源!その陽光に、誰もが息をのむ瞬間。


2013年、皆様にとって
良い一年になりますように・・・・・・。

その時の、お祈りのポーズは→コチラ

操船は、船長であるスターさんのご主人です。
特技は、口から超音波を発し、イルカを探ることが出来ます!kimochi17





原鈑は、船尾から船の航跡を見るのが大好きです。
お日様は、すぐに厚い雲の中に呑み込まれ
見えなくなりました。
帰りに目撃した、スナメリのジャンプといい
なんという幸運!ありがたいです。






そして・・・・第一イルカ発見~~~~!!








と思ったら、スターさんのイルカ型救命頭巾でした(笑)


ひとたびイルカに遭遇すると、サービス精神旺盛な
イルカさんたちの舞踊り!!

「シュパー!」水面に浮上した時にする呼吸音
野生の生命力のたくましさが、肌に伝わります!

一匹のイルカが、ぐるぐる体をひねりながら
泳いだり、ジャンプしたりして見せてくれました(笑)
「どこにでも、お調子者はいるんだね!」
イルカと私を交互に見ながら、つぶやくMONさん
・・・・・・・・それ、どういう意味ですか?

ところが、これをカメラに収めようと思ったら
これがなかなか難しい・・・face03


イルカたちの画像については
こちらの専門サイトにて→どうぞ
どうです、見事でしょ!
原鈑、スポーツモードで3連写設定でしたが
それ以上の連写が必要ですね。

今回のクルージング、ポストカードにプレゼントの小物やお菓子
熱いおしぼりサービスに、あったかいドリンクサービス
次回の割引券までついて、連れてきた娘まで
すべて無料!!

いや~スターさん、船長さん、スタッフのみなさん
本当にありがとうございました。
スターさん、船の上でも
すべてのお客さんに、心づくしの
おもてなしをしていて、一時も椅子に座ることなく
船内を、移動しておられました。
そんなスターさんの、細かい配慮が伝わる
サービスの一つが↓↓↓

芸能人もたくさんいらっしゃって
記念写真をスターさんと一緒に写ってましたが
スターさんも、芸能人の一人かと思ってました。

ここまで書けば、きっと来年の
クルージングも無料でご招・・・(ヽ`_´)言わせねーよ!!byMON  


Posted by 原田鈑金塗装  at 18:19Comments(9)天草観光
東京のお友達の、「奇跡を呼ぶおんな」節子さんがおススメの
天草のパワースポット第一弾は、本町にある通称「鈴木様」
こと鈴木神社です。



天草に来られた時、同行されてきたお母様が
足が痛く、いつも「車で待っとく」と言われるのに
なぜかこの時だけは、「お参りする!」と痛む足で懸命に
登られて、参拝されたら

ニコニコされながら、この石段をひょいひょい降りて来られたそうです。


今日も「原田家」民族大移動です(笑)


不思議な事に、お参りした後は、俗世のけがれが
すっかり祓われた様に、すごく清々しい気分になります。
振り向いた時に見える、この景色が
原鈑が大好きな、天草の景色のひとつです。




立派な門松と、おみくじの漢字の解読に苦戦する親子(笑)


神社の中でも、特にパワーがあると言われたのが
この鳥居です!参拝の折には、すりすりして
ありがたいお力を、宿らせて頂きましょう。



今年も、家族がそろってお参りできた事に、感謝です。






こちらがブロガーのツルちゃんです!!





神社と言えば、お神酒!見て下さい、この嬉しそうな顔!!
「いっぱ~い、ついで下さいね♥」と言うMONさんに
巫女さんも苦笑い




かわいい巫女さんが、お待ちしてますよ~
でも、あんまりジロジロ見てると・・・・・・・



おじさん、エッチ!!って言われちゃいますからね(笑)


  


Posted by 原田鈑金塗装  at 17:04Comments(12)天草観光
それは、「かたらんな」に投稿されたある記事に
ふと魅入られた時から、恐怖の扉を押し開いていたと
気づいたのは、あの悪夢の後だった・・・・。
その記事とは→コチラ
そのリンクをクリックして、何が起きようとも
当方は一切関知いたしません。


その筋の方から、あまりのキレイさに
別な施設と間違って登ってくるカップルが
後を絶たないと、うわさを聞き
やってきたのは、下浦町の「本渡ケアホーム」


あまりの規模の広さと、多彩さに
ポイントをしぼれませんbou21


見学はご自由にどうぞ!とありがたいお言葉を頂いたので
ぜひ、現地に行き、ご自分の目で確かめて下さい。
下浦に入ってすぐの信号を右です、一見の価値あり!です。


そしてリップルランドへ
手前のサンタマリア館の駐車場が、空いていればそちらへ
国道から坂をのぼって、売店前駐車場へ

おおきな電飾ツリーがお出迎え

奥のハートのリングが、海への遊歩道の入り口です。

MONさんと次女と・・・・・写真撮るおじさん(笑)


そこにある屋台は、新和町の平道さんがやっておられます。

ご自身で育てられた豚さんのお肉がほら!

玉ねぎの甘みが、さっぱり味だからこそ生きていますkimochi1
焼き芋も、いい感じですよ~~

お客さんに、暖をとってもらいたいと
平道さんのあったかいお心で、薪を使ってます。


ちょ・・・・ちょっと!正気ですか!!

体も心も、ポッカポッカにあっためてくれました
平道さん、ありがと~~kimochi30



その黄金天井をくぐったのが、悪夢のはじまりだった・・・・・


conamiさんみたいに、宝塚ポーズをとって
カメラ目線を決めようとした次の瞬間!!
バランスを崩し、宙に投げ出される原鈑!!


しかし、奇跡的に新月面宙返りを決めて
無事に着地!!
ふぅ~本当に天国への階段を
のぼるところだった・・・・


光のトンネルをくぐり

ファンタジーの世界へ

「ばば様!オームの群れの目から
攻撃色が消えていく!!」
はい、わかった人はコメ下さい(笑)


歩道橋を渡って、駐車場の入り口の
この鎖に気を付けて下さい!!
今まで、イルミネーションに気をとられ
何人のすねをえぐってきたことか!!
地元では、すね喰いチェーンと恐れられています


月と電飾ツリーのコラボ!
条件がそろえば、もっともっときれいに撮れそうです。


そして帰り道、ハンドルを握る
MONさんに異変が!!

スピードメーターが振り切れるほど
アクセルを床に踏み込むMONさん
「おい!どうしたんだ・・・・!!」




悪魔にとりつかれている!!!




目の前にせまるコーナー!!
「やめろ!やめてくれー!!」






とその時であった、マリア様がお救いの
手を差し伸べて下さったのだ!



われわれ一家は、一命をとりとめ
明日、福岡の息子の所へ旅立つのであった。
  


Posted by 原田鈑金塗装  at 01:03Comments(17)天草観光