2020年03月27日

御所浦放浪記

昨年末、ご縁あって御所浦の車の修理を承り
御所浦からフェリーに車を乗せ、対岸の棚底港へ

「棚底で車を下すことを、フェリー関係の人は
たな卸しって言うんですか?」切符売り場のお兄さんに
あいさつ代わりに言ったつもりが

「言いません!」冷たく即答され
原鈑は棚底につく前に、どん底へ沈みました・・・。




納車のため、新年早々に御所浦に上陸
修理を仕上げた車は、全体をピカピカに磨き上げてます。





その昔、ヤマトタケルノミコトの父である
景行天皇が、九州に来られた時に
一時的な住まいがあったとされる伝説から

御所(天皇のお住まい)浦(みなと)と
名付けられたそうです

そんな古墳時代の伝承より
遥か太古の住人、ティラノサウルス君がお出迎えです





ちょっと言い過ぎかもしれませんが
まさにここは、リアルジュラッシックパーク!!


無事納車を済ませ、迎えに来る妻の負担を減らすため
帰りは本渡港へ向かう船に乗ることにしましたが
出航まで2時間も、待たなくてはいけません





せっかくだから、妻のちっちゃいブラという
意味とは違う、ちょっとぶらぶら「プチブラ」してみよう!

まずは原鈑が所属するミニバレーのチーム
「方原」と10年以上、戦い続けているライバルチーム
御所浦の「マリーンズB」の一味が、郵便局に
潜んでいるという情報は、前からつかんでいたので
不意を突いて、アタックしてやりました

「おら局長!積年の恨みを晴らしに来たぞ~!」

あんまり調子コクと、防犯ベル鳴らされたうえに
カラーボールを、投げつけられそうなので
仕事で来た事を種明かし





おそらく日本でここだけ、郵便ポスト付きの恐竜!!
えっ!?逆?恐竜付きのポスト!
このポストに手紙を入れると
上に乗っかってる恐竜が、甘嚙みしてきます(嘘)






島の名所で、からす峠は走らないと2時間じゃ
帰ってこれないし
アンモナイト館ってあるけど、ここから近いんですか?

「いやぁ~すぐですよ!すぐ!」
女子職員の方が、即答してくれました。

自分の車のカギを渡そうとしてくれる
優しい局長の申し出を断って
いざ!すぐそこのアンモナイト館へ!





でも、地図で見ると橋を渡って
結構先にあるみたいなんだけどなあ

てくてく歩いていると、「お~~い大将!
なんしょっとなぁ~」背後からの声に振り向くと
マリーンズBのおじさんが声をかけてきました。

「車修理して納めてきたんですけど
帰りの船まで時間があるので、ぶらぶらしてます。」

お互い長い付き合いで、顔は知ってるんですが
名前は知りません。

なので「方原さん」と「マリーンズさん」と呼び合います(笑)





そしてまた、しばらく歩くとしゃれた図書館が
ありました。

ここに寄って、読み聞かせ用の絵本を
探しながら、船の時間まで過ごすのもありだなと
考えましたが、アンモナイト館という
この御所浦にしかないであろう
ネームに強く引き寄せられ、歩を進めます。

しかし、行けども行けども
海しか見えません。

向こうから歩いてきた、女子中学生に
「アンモナイト館まで、何分ぐらい?」と
尋ねてみると、首をひねって「さあ~?」という返事

なんじゃ?御所浦の中学生は
何分かかるかも答えきらんのか?

釈然とせぬまま、歩いて行けば行くほど
不安はどんどん膨らんできます。





「いったい、アンモナイト館まで
なアンキロサウルス!!」



すぐそこ?おのれあの女性職員
局長がいつも、バレーでやられているからと
オリをたばかりおったな!
御所浦のイノシシ同様、まんまと泳がされたわ!!」

気が付けば、かなりの距離を港から歩いてきました。
島の中で、島流しにされたような絶望感に陥った時

一台の車が、横をすう~っと通り過ぎたかと思ったら
ピタッと止まりました





「原鈑さ~ん、なにやってるんですか?」
車の中から声をかける女性
なんと今年の1月に、益城のクレアでばったり会い
もっとブログ書きなさいと、叱咤激励されたK島さんでした。

なんでわかったんですか?と聞く原鈑に
「島の人間は、島外の人間を一発で見分けられるんです」
そう言うと、意味ありげに含み笑いを浮かべます。

「アンモナイト館?歩きは無謀ですよ!」
車で案内していただきました。

車で走っても、結構な距離がありました・・・
(この距離じゃあ、中学生が答えられない訳だ)






ここです!車を停めたところには
館(やかた)と呼ぶより、箱(ボックス)と
言いたくなるアンモナイト館がありました。

下手なことを言うと、K島さんからここで
おいて行かれ、離島で島流しという
恐ろしい刑罰にされそうなので
決して口に出しては言えません





中に入ると、さらに道中膨らませた
アンモナイト館の妄想を突き破る現実が!





のぞき窓のガラスが、立ち上る湿気で
結露しているので、手前のスポンジブラシの柄を
持って、ゴシゴシ拭いてからのぞくという
アクティビティなシステム

結構苦労してふき取ってから
のぞいたアンモナイトは、予想以上に下のほうで
照明もたまたま切れていて、よく見えない!!





何とも言えない、そう、まるで「火垂るの墓」を
観終えた後の様な、寂しい気持ちを
気取られないよう、K島さんに背を向けて
説明看板を読む、原鈑であった・・・





「アンモナイトにも何種類かあって
これはユーパキディスカスです。」

原鈑なら、舌を噛みちぎりそうな名前を
さらりと説明する、K島さん恐るべし!

島の地理もよくわからず
さまよっていた原鈑を、よくぞ救って
下さいました!

見つけて頂けなければ
今頃オリは、御所浦で化石になっていました

K島さん、ありがとうございました!!





たまたま仕事で訪れたのに、何人もの方に
お声をかけていただき、故郷に帰ってきたような
そんな気持ちにさせて頂きました。

上陸したときから感じる、穏やかな時の流れ
そここに、ちりばめられたモニュメント

今回のプチブラで、御所浦が
すごく好きになりました!

今度は、休日にマウンテンバイクを持って
遊びに来ますね!






そう決心した、帰りの船の窓ガラスに
降り出した雨の水滴がへばりつくのでした

そう、あのユーパキディスカスの
のぞき窓のように・・・



※お断り※
この内容は、けっしてアンモナイト館をディスるものではありません








  


Posted by 原田鈑金塗装  at 00:18Comments(2)天草観光

2020年03月22日

オジギソウの花

グリーンショップみよせさんで
オジギソウを見つけました

帽子岳山頂


子供の頃、葉っぱに触ると
すーっと葉がたたまれ
うなだれたように、枝まで垂れ下がる様に

面白く、また不思議でもあったので
何度も何度も触っていたら

「いい加減にしろ!!」母から
怒られたっけ






オリはオジギソウ
敏感ハートを、ちょっといじられれば
たちまちしゅんとなっちまう

オジギソウは可憐な花をつけるけど
オリのハートは過敏症
そして、オリの鼻は花粉症・・・
  


Posted by 原田鈑金塗装  at 23:11Comments(3)

2020年03月11日

閏(うるう)車

コロナウイルスが話題になる前から
妻から濃厚接触を禁止されている原鈑です

今年は一年が366日ある、うるう年ですね
そして先月の2月がうるう月で29日まで

しかし、なんで2月だけ28日しかないのでしょう?
ググってみましたところ、そもそも暦とは農耕のために出来たので
1年の始まりは、耕作が始まる3月から

3月、5月・・・の奇数月を31日まで
4月、6月・・・の偶数月を30日までと定め

全部足すと1年が366日になっちゃうので
3月から始まる1年の最後の月、つまり2月から
1日引いて、365日に帳尻を合わせたそうです。





このままなら、誰もがわかりやすかったのに
初代ローマ皇帝が、自分の生まれ月の8月が
1日少ない30日までなんて嫌だ~~いと駄々をこね

あろうことか、8月を31日までとし
次の9月から30日、10月を31日と1つづつずらしていき
1年の終わりとされた2月から、8月で増やした
1日分をとって調整したので、2月の末日は29日から
さらに減って、28日になってしまったという
なんとも身勝手な理由だったのです・・・


bB右前

そこで、このトヨタの人気車「bB」
なんと車検をあと1年残したまま、知り合いの方から
委託されました


bB正面

フロントは、クールなエアロがついてます

bBボンネット

初年度登録は、平成13年5月
この年式では、塗装がやられてしまうことが多いボンネットは
わが社で一回塗ったので、きれいです


bBルーフ

ルーフは、塗装してないので
クリヤーがはがれかけてます


bB右横

ローダウンしてあるので、見た目はスタイリッシュ!
ただし乗り心地は、硬いです


bB左横

複数オーナー、修復歴あり

bB後



bB左ルーフレールへこみ

目立つ傷は、このへこみのみ

bB後右テールひび

右のテールレンズにひびが入ってますが
問題はありません


bB車検ステッカー

車検は来年、2月21日までついてます

bB前席

スモーカーだったので、たばこ嫌いの方は
においが気になるかも


bB前席コンソール

コンポ取り外してあるので、ありません

bB後席

室内は、年式なりの状態です
特別汚くはありません


bB室内荷室

bB走行距離

走行距離もそれなりに走ってます

bBタイヤ

タイヤの溝は、半分ほど残ってます
さてこのbB、販売価格はなんと消費税込みの24,000円!!
4月の自動車税を、お支払いして
もらわなければいけませんが
古いぼろぼろの車を、車検に出すより
お安く上がります!

原田鈑金塗装に、保管してありますので
どうぞ実車を見にいらして下さい

なお、今月の20日過ぎくらいまでに
購入希望がない場合は、歯医者に・・・
もとい、廃車にいたします

夜の会議や会合は中止になり、ミニバレーの練習も
自粛の圧力に負け、妻には接触を断られ
多忙だった毎日が、突然ポッカリと
あいちゃいました・・・

こりゃあ頑張って、ブログでも書こうかな~







  続きを読む


Posted by 原田鈑金塗装  at 09:09Comments(6)
今年の冬はあったかいと思ったら
もう梅雨入りしたんですかね?
雨降りが続きます。

このままスギ花粉の時期を
すっ飛ばしてくれたら、助かるんですけどね~。

オリンビック委員会が、マラソンの厚底シューズ
禁止を検討している事を発表しましたね。

現状を「クツがえ」された選手たちは
もとのうす底シューズに、戻してくれと
シューズメーカーに、クツ返し(覆し)たそうです。

さて、この覆(くつがえ)す
覆(おお)うという読みもあります。

なんでも漢字の成り立ちで、丸い酒樽に
フタをするんで、おおう。

それを足でひっくり返すんで
くつがえす、という由来があるそうです。

かたらんなブロガーの熊本ダイビングサービスよかよかさん
弊社で仕上げさせていただいた、キャラバンベースのよかよか号

その時の記事は→コチラ

サービス向上のため、車内もウエットスーツを
着たまま乗り降りできるように、防水加工のご依頼受けました。




まず、室内のシートやカーペットを
取り外し、すっぽんぽんにします。




きれいそうで、けっこうサビがきてますね。




ガラス繊維を敷いて、樹脂で濡らしながら
貼りつけていきます。

軽量船のボディを作る、グラスファイバー(FRP)積層という
工程ですね。




ダイビングのお客さんが、乗り降りして
なおかつ、座られる足元も念入りに貼ります。

そして、シートを取り付けたら
再びグラスファイバーを巻きます。




固まったら、飛び出た個所をグラインダーで削ります。
これ、もう表面はカチカチに硬いですよ




その上から、車体のさび止めに使われる
アンダーコートを塗布、運転席と助手席の足元も
コーティングしました。

車がさびるのは、鉄板と鉄板の継ぎ目が
一番先に錆び始めます。

それを、膜厚のあるコールタールで
覆ってやるんですね。





その上から、グレーに調色した
ウレタン塗料を吹きました





テント屋さんにお願いした、特注シートカバーをかけて
もともと敷いてあった、純正のカーペットを敷いて完成です!




左のスライドドアの内側も、ドアを外して
しっかり防錆コート!




部品を止めるボルトも、さびやすい純正の鉄製ボルトから
ステンレスボルトに変更!

100メートル世界記録保持者のように
ボルトにはうるさいんです。

ウサイン・ボルトならぬウルサイン・ボルト!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




前後の座席には、防水生地のシートカバー
縫い目にも、しっかり防水加工がされています。




運転席、助手席の後ろには
エンジンを見るためのカバーがあるため

防水機能を保ちつつ、開けやすくと
相反する要求にこたえるため、佐伊津町の
ナガノテントさんが、一番苦労されたところ

縦に三分割し、マジックテープで留める仕様にしました。




濡れたウェットスーツで、海水がかかりそうな高さより
もっと高めの位置まで、防水加工いたしました。




通常のボディだと、2年程度しか持たないと言われる
ダイビングショップの車も、ここまですれば10年は楽にもつ
でしょう!いや、持って欲しい!!




車内一面を、覆い尽くした後で
売上金は、包み隠さず妻のMONさんに
手渡す原鈑でした。




本当に全部渡したのかって?
グラスファイバーを巻いた後だけに
そこは、煙に巻いておきましょう(笑)





  


Posted by 原田鈑金塗装  at 22:44Comments(4)修理
新年あけまして おめでとうございます!

本年も、きたないブロ・・・いえ、つたないブログを
なるべく更新していきますので

笑って読んで下さいまし



娘が滋賀から連れ帰った、愛猫に
どこから見つけてきたのか、ネズミの
着ぐるみを着せてます




元旦から、初日の出を拝むため
ホームコースの帽子岳を
亀川町の食場から登っています
風を切って走ると、手先が泣きたくなるほど
冷たい!!




急坂の荒れ道は、ちょっとペダルを踏み込み過ぎると
スリップして空転!停まってしまうと
そこからは、ある程度斜度の緩いところまで
押して上がるしかありません

踏み込み過ぎず、ペダリングを続けるのは
メチャメチャ体力と持久力、そして後輪のグリップを
察知する集中力がいります

今年は止まらずに、登りきるようになりたいな~




おせちは、花暦さんでお願いしました!
なんて豪華なんでしょう!!




原田家には、今や他所では聞いたこともない
新年の食事のルーティンがあります

まずお茶をすすり、漬物で歯固め
梅干しを食べて、スルメをくちゃくちゃ・・・

干し柿を食べて、種の数が多いほど
その年は吉兆であるという
本町の山奥に、古来から続く風習です

うちにもあるよ~って方
おられたら教えて下さい

目の前の、豪華なおせちを「待て!!」されて
儀式が終了したら、やっと好きなものに
箸を、のばせるのです

元旦は、ひたすら飲んで食って
小原しょうすけさん的にして過ごします

「”正月どん”な、ど~い よーしたもんかい!」
義母が毎年言うセリフ




次の日は、毎年タヌキ狩りをします!
狸穴をみつけ、タヌキを追い詰める妻
「おら!タヌキ!出て来いやあ~~!!」
夫にもタヌキにも、情け容赦ありません




そんな訳ありません!
我が家の守り神、本町の梶山の
観音様に参るのに、近くの湧水を汲んでいきます





二年前に、山の上から
人家に近い、金毘羅様の入り口に
御くだりして頂きました




金毘羅様の横にある、志賀さまには
天保6年と刻まれています


ちょっとわかりずらい場所ですが
天草でも、おすすめのパワースポットです!

メジャーなパワースポットと言えば
鈴木神社




女性は占い事好きですよね
参拝したら、必ずおみくじ

小吉、中吉、はなまる大吉
ど根性ガエルのピョン吉
子供のころ作った、秘密基地・・・

キチキチバッタならぬ、きちきちばっか




おみくじ木に結ぶより
オリと契りを結んでくれい!




参拝後、東向寺に墓参りをすませ
城河原の楽園珈琲へ




カフェ・ラテのハートに
いちるの望みをかけて、妻に見せます

「ほら、ミルクの泡のかわいいハートicon06

ところが妻のMONさんの手には、ビールジョッキが

「ワシにはこっちの泡じゃーーーい!!」

原鈑の恋心は、泡と消えるのでした・・・




ここはおいしいスイーツもあるんですよ!
原鈑が一番好きな、エスプレッソチーズケーキ!!

本職のケーキ屋さんも嫉妬する
その完成度、チーズと珈琲のうまさが
融合した最高到達点!

「おいしさのK点越えや~」
「チーズと珈琲って相性バッチし!
オリとMONさん、みたい・・・」

「ビールおかわり!」

ナースコールならぬアル コールで
原鈑のセリフをかき消す妻・・・

芳醇なチーズの味と、コーヒーの香りが
甘味とほのかな苦みの余韻を残し消えていく

届かぬ恋心のように・・・




予約すれば、大人も喜ぶバースディケーキもOK!
あなたも、ビター&スイートの虜におなり!




ゆっくりランチを楽しむなら
選択肢の一つに、新和町のこまめカフェ!

美味しいご飯と、こちらのスイーツもおススメ!




お正月後半に、再び帽子岳へ

今年はサガである、スポーツ推進委員の
九州大会参加のため、天草マラソンには出れません





年末始の、スペシャルライティングの牛深はハイヤ大橋
今年も、彩り豊かに輝く1年になりますように

ダイナミックなループを、天草で描きます!!












今年こそ、夫婦間に「愛の架け橋」を!!

  


Posted by 原田鈑金塗装  at 13:23Comments(7)日々の出来事楽園珈琲
先月、大阪にいる甥っ子の結婚式に行ってまいりました。
式が決まったのが、一年近く前の事で
それは楽しみにしておりましたよ。

原田家5人、民族大移動です。
大阪にいる長女と、東京の長男とは
現地集合です。


大地結婚式4

両家親族の、顔合わせと紹介
新郎側と新婦側、親族が部屋の左右に分かれ
あの子が欲しい、この子が欲しい
プロ野球のドラフト会議をほうふつさせる
花いちもんめ的な緊迫感が漂います。

「まず新郎側から」進行役に促され
新郎の父、つまり原鈑の妻、MONさんの妹の夫
なおかつ、東京の郵政時代の同じ独身寮の後輩が
口火を切る。

新郎の母、〇〇です。
新郎の妹、〇〇です・・・

順調です、ところが原鈑が紹介されるところで
新郎の父の、紹介の言葉が止まります。

「え~~~、え~~~~っと・・・」
部屋の空気が、だんだん重苦しくなっていきます。

そこで原鈑、先に自己紹介!
「名のるほどの者ではございません」

どっと沸き、両家の緊張が一気に
ほぐれました。

新婦のお父さんも、長女の新婦を
次女と紹介して、「長女!」と新婦から
訂正されたり、なごやかに紹介は
進みました。



大地結婚式

ホテルと同じ敷地にある、教会の神父様
日本語はカタコトなのに、横文字の発音は
恐ろしくいいので、妙な気分にいざなわれます。

「ふったりに、とっての~このぉ~セレモニーがあ~」
「Congratulations!」

大地結婚式2

バイオリンの生演奏と、男女4人による聖歌の生歌が
荘厳さをより一層ひき立てて、良かったですね~

みんなで歌う讃美歌312番
「慈しみ深き~友なるイエスは~」
原鈑、誰よりも大きな声でこれを歌うという
ポリシーを持っています!(笑)


大地結婚式3

さて、式の後はパーティとなるのですが
出席者に、職場の上司はいないという
今流行りの、ざっくばらんなパーティ形式

正式にスピーチするのは、新郎が開式のあいさつと
お開きのあいさつ。

新郎の父が、お開きに謝辞
そして、原鈑が頼まれたのが
乾杯のスピーチ。

新郎が、関西電力に就職
関電の同僚も出席しています。

大阪人は、お笑い感度がいいものと思っていましたが
笑いの敷居は、非常に高いものでした・・・

スケート場で、トリプルアクセルを決めるがごとく
華麗にスベリまくった、スピーチをご覧下さい・・・





行きの新幹線で考えたギャグは
まったく「こだま」せず
見事に不発弾として、処理されたのでした。

こんなことなら、ご祝儀の返還は
受け付けませんとか

引き出物の袋の下には
金貨が隠されてますとか、毒も仕込むんだったわ!

そしてプチ事件が!
ある夏の日、カブトムシ用のゼリーが
テーブルに置いてあるのを、何の疑いもなく
ペロリと食べた義父が、またしても
ゼリー関連でやらかしました。


大地結婚式しょうゆゼリー


画像手前に見える、コーヒーゼリーのようなもの
「お刺身は、手前のしょうゆゼリーを
まぶしてお召し上がりください」


なるほど、きれいなおべべや
酔っぱらってテーブルを汚さないように
しょうゆをゼリー状に固めてあるのか~

ところが義父、ゼリーを見ると
口に吸い込む習性が止まらず

真っ先に、ゼリーだけを食べてしまい
家族中から、ひんしゅくを買いながら
ゼリーを分けてもらう始末。

なんにせよ、誕生から見守り続けた甥っ子が
こうして家庭を持つ姿は、何物にも代えられぬ
喜びです。

原田家一同と、新郎新婦


大地結婚式5

こうして親族が、めでたい席で顔を合わせ
幸せそうな二人を、囲むというのが
なによりの引き出物ですね!

パーティが終わり、ホテルの部屋へ
きれいな夜景が広がる部屋で、ボクたち
ふたりだけのパーティの、開演だ~!!

嬉々として叫ぶ、原鈑が振り返ると
妻のMONさん、すでにいびきをかいて
ベットで寝ていました・・・

「酔い伏した 妻の向こうに 夜景かな」原鈑


大地結婚式6

翌日は、お笑いの勉強をしに
なんばグランド花月へ

キングコング、COWCOW、村上ショージなどを観て
次のスピーチで、リベンジを誓う
原鈑でありました・・・



なんばグランド花月
なんばグランド花月





  


Posted by 原田鈑金塗装  at 11:50Comments(6)おでかけ日々の出来事イベント