令和元年初日の令和フールチックに
旅の行程の違いを表現したのですが
真摯に受け止める方々が、続出

ちょっとやり過ぎた?と反省しております。



妻は妹の所に残り、体臭……大衆演劇を観劇後、書道三昧。



原鈑は、父母の法事のため
新潟へ一時帰郷します。





廉直に行こうと誓う、令和のスタート  

Posted by 原田鈑金塗装  at 22:22Comments(5)おでかけ

2019年05月05日

妻との別離

まったく起こり得ない事とは
思っていました。

そうならないために、人並み以上に
愛情を注ぎ続け、愛を育んで来たつもり
でした……。



妻との別離、ついにその日が
絶対に回避できない、現実として
原鈑の眼前に、突き付けられるのです。

空港へ向かう、車のハンドルを
握っているのは、義理の弟

誰も口を開こうとしない車内は
3人の体を座席のシートに
押さえ込むかのように、重い空気が満ちている。

「ご飯でも食べませんか?」
あまりの息苦しさに、義弟が口を開く。

「そ、そうだな…」妻が口を開かないことを
いち早く察して、ノド奥からようやく
絞り出して言う


「お待ちどう様でした」
何も事情を知らない、店員さんの声が
原鈑のカラッポになった、胸に響く

無言のテーブルに、とんこつラーメンのどんぶりが3つ

中の具材に、視線を泳がせると
2人の出逢いの時、空回りしてた自分の姿

こんな俺でも主役になれるのかと
迎えた結婚式

死ぬかと思うほど、感動した
長女の出産、子供たちの成長に
時には静観、時には過剰に入り込みすぎて
妻と子から、あきれられた事が
ストーリーのように心のモニターを
彩って行く


「さあ、熱いうちに食べましょう」
義弟の声に、ハッとしてあわてて
麺を口に運ぶ


新潟行きの出発ゲートが、2人の絆を断ち切る
断頭台のようだ。

ゲートまさに潜らんとするときに
原鈑の心根に沈めていた感情が
マグマのように噴き出した。

「考え直さないか‼️」
原鈑はクルリと後ろを振り向くと
人生のすべてをかけて、愛した妻は
すでに背を向け、空港のドアの扉を開け
彼女が目指す、書の道へ
まっすぐ進んで行った。


後から後から、とどめなく押し寄せる
堪えられるわけもなく、それでも抵抗し

嗚咽する顔を、機内の窓に押し付ける
日本海の藍色が、人々の悲しみを集め
いつも以上に濃くなって眼下に広がっていた。  

Posted by 原田鈑金塗装  at 14:20Comments(2)おでかけ

2019年05月02日

熊長連合、防長を行く

昨年、天草に来訪してくれた妻の
書道友達のいる山口県は彦島へ

書道部屋で話が止まりませんが
半分以上、「ほうじょうが、はんせつで
キモウ、おうギシが筆先まとめて花いちもんめ❗️」といった会話でチンプンカン



彦島内のけっして旅ガイドには載らないであろう地元で人気のお店へ



全部ウメー❗️のお料理の中でも
牛乳とみたらし粉で作った
牛乳ようかんみたいなものに
ワサビがよく合う‼️

関門海峡のシンボルとして、そそり立つ
海峡夢タワーへ



ボクのシンボルには、見向きもしない妻が、タワーのマスコットキャラ
「ゆめタン」には、スリスリすり寄っていきます



翌日は角島へ!
天草~彦島~角島❗️島から島を経由して島へと旅をしましま。



こちらの灯台、日本海側では最古!
ちなみに妻はサイコ❗️いえ、サイコー⤴️⤴️


灯台への入り口、もちろん有料
狭いらせん階段を、下ってくる先発組の観光客を、荒波を避けるアワビのように
壁際にへばりついて、やり過ごします。

ここで押し戻されたら、400円がムダになってしまいます。





泊まったリゾートホテルが、すごいよくて
リーズナブルな金額なのに、スタッフの接客は洗練されてるし
料理はメチャウマ❗️

そこでも2人は、部屋に入るなり
道具を広げると、インスタの書道ライブを始めました。



ホテルの一室で繰り広げられた
マニアックなプレイのうたかたのあと


次は秋芳洞、何十万年と言う途方もない
時の流れの目撃者になれます。



千枚皿



メインイベントは黄金柱❗️
読み方は、おうごんちゅう!でも
黄金バットでも、ありません❗️
こがねばしら❗️



金子みすゞ記念館



みんな違って、みんないい❗️
バカって言えば、バカって言う
ありがとうと言えば、ありがとうって言う
自分でしょうか、いいえこだまです。
の震災直後のJC日本広告機構のCMで
有名です。







  

Posted by 原田鈑金塗装  at 17:30Comments(2)おでかけ

2019年05月01日

平成JUMP、令和Landing



暮れゆく太陽に、散りゆくサクラ
ゆくゆくは、我が身も常世ならずと
想いを馳せておりますと

天草ケーブルテレビのキャスターが
慌てた様子でニュースを読み上げています。



緊急ニュースをお伝えします❗️
ただ今、元号が平成から令和に移行した事をうけて
苓北町と新和町が天草から独立を宣言し

令和市を設立致しました❗️
これを知った天草市長が、苓北町長に
説得を開始

プライドと草冠を捨てる様な真似はするな!」



苓北町長はニヤリと笑って答える。
「令和天草の乱!」

天草市長「なぜ天草を炎上させるようなことを
するんだ!」

苓北町長「だって、火力発電所があるからだもん( ´∀`)」

天草市長「…………」



深夜のフライト
窓際の席で、うとうとしている男の耳に
機内アナウンスが飛び込んでくる。

「みなさま、右手をご覧下さいませ
日付変更線が見えてまいりました。
令和に代わる本日は、元号変更線と
なっておりまして、普段の黒からオレンジ色に
変更されております。変更せん!と言いながら
特別な配慮でございます。」

令和になりましたが、相変わらず着地(
ランディング)に失敗する原鈑ですが
お付き合いのほど、よろしくお願いいたします\(^o^)/

  

Posted by 原田鈑金塗装  at 09:03Comments(0)日々の出来事雑記
にゃん、にゃん、にゃんで
2月22日は、猫の日です!

ここ3年は、天草陶器市にも
出展されてませんでしたが
猫のかわいい柄が人気の
「すけ工房」さん

なんと、天草を少し離れるため
活動を休止されるそうです。




すけ工房ファンの悲鳴が
聞こえてくるようです(;O;)

そこで、すけ工房さんの器を
手に入れるラストチャンスが!

2月14日(木)から17日(日)
9:00~17:00まで
最終日の、日曜日は16:00まで

すけ工房の 猫の器展

天草文化交流館 1F展示室
天草市舩之尾町8-25




画像は、工房のアトリエに
お邪魔した時のものです。

当日、同じものがあるかは
定かではありませんが
その作品の愛らしさは
画像では伝えきれません!





なんとも楽しげな招き猫!
ちょっとぐらいの事は
ニャンともないニャンicon06





愛らしいオメメに見つめられたら
愛でたい!めでたい!!




ニャ~ハッハ!
ニャンでもにゃ~~いと
笑い飛ばそうにゃん




ニャーゴニャーゴ
ただ今、春の盛り中!
オイラは、年中真っ盛り!!



安産ニャンコも
いるのね~




かわいいデザインのマグカップ
ホッと一息つけそうですね!



影絵風から、モダンタイプ
いつまでも飽きのこないデザインです!




ティーカップです!
かわいいでしょ!

そそそっそんな!!
大きすぎます!!

なんのカップの話やねん!




かわいい小物も!
これがホントの子(小)猫




猫のボタン
キミの肉球で、つまめるかい?



アクセサリーは
人間を楽しませる
猫じゃらしだよ!



さあ!ネコ好きのアナタ!!
コタツで丸くなってる場合じゃ
ありませんよ!

早めにいかないと
欲しいもの無くなっちゃうかも~~!




















  


Posted by 原田鈑金塗装  at 13:35Comments(3)その他天草観光イベント
1週間が過ぎましたが
天草マラソン当日の
経過報告させて下さい。

前日の宴から家路につき
ベットに潜り込んだのが
深夜の1時半

すでにとなりの妻はイビキをかき
意識を夢の中に飛ばし
「酒豪霊」様となっています・・・

7時に目が覚めると、すでに義母が
お餅を焼いてくれてました。
なんでも走る前は、お餅がいいんだとか

足に魔法のオイル、オーツークラフトオイルを
からだラボさんに助言されたように
しっかりすり込んで、準備万端!



頭にイルカ帽をのせ、イルカマリンワールドの
スタッフTシャツを着て、ウォームアップ代わりに
スタート地点まで、ウォーキングで移動

会場には、大根やミニーマウスといった
仮装してフルを走る、猛者たちの姿も!

お得意さんの、ガソリンスタンドで
スタート直前のトイレを拝借すると
なんとフルにエントリーしている
スタンドのマネージャーの姿が!

練習期間ほぼ1カ月
初のフルマラソン!目標タイムは
5時間切り

年は彼が全然若いとはいえ
同じ条件なら、この私が負けるわけがない!
ポテンシャルの違いを、見せつけてあげよう
勝手に、彼をライバルに仕立て上げます。




原鈑、天草マラソンにはハーフを
2回ほど走っていますが
守っているポリシーがあります。

沿道で声援を送ってくれる人には
必ず、「ありがとうございます!」と
沿道の警備の方には「ご苦労様です!」と
声をかける事。

道行く人々から送られる声は
まぎれもない、見知らぬ他人に
贈られる、「無償の愛」です。

あとは、なるべく沿道の方
そしてランナーからも、「笑い」を
とること!これは私のライフワークです。





お店の前では歌も歌います。

木村パンの歌(アンパンマンの歌)
アンパン、ジャムパン、カレーパン!
安くて美味しい木村パン!
子供も大人も大好きよ!

イルカマリンワールドの歌
(宇宙戦艦ヤマト)

さらば~二江よ~
旅立つ船は~
地球船クルーザー~
セ~イ~ラ~~!
二江を離れ、いるカンダルへ
お客をのせて、今飛び立つ~~

私は、イルカンダルのスターじゃ



子供想いの、イノシシさんと!

御領の入り口に差し掛かったところで
「ハイ、自分のペースをしっかり守って
頑張って下さ~い」

いいアドバイスの応援する、警備の人が
おられるなあ~と、思って見たら
夕べ顔を合わせた、かたらんなブロガーの
幻のブログ「あまくさラン」のラウムさんでした(笑)
さすがの声掛けです!

12キロを走破し、若宮海水浴場のお店を過ぎ
海が見えたころ、不思議な感覚になりました。

地球を、足元に感じながら
空と海の青さに、意識を同調させたら

空っぽになった肉体が、ただただ
動いている、そんなかすかな
感覚だけがあり、風が体を
なんの抵抗もなく、すう~っと
突き抜けていく感じ・・・・・

そう、走りながらの瞑想状態!
ランナーズハイって、こういう事?

折り返し前に、尿意を催したので
仮設トイレへ

4つ並んだ、ドアのうち
カギの、かかっていないドアを
勢いよく開けると、そこには!!

腹痛のランナーが、残したのであろう
軟便が、便器の内側とはいえ
ベッタリ張り付いたまま!!

(10億円は当たらないのに
こんなのには当たるんだーーー!)

くそ~~!と叫びながら
トイレットペーパー越しに
運をつかむ原鈑・・・・

その後、たくさんの人と
ハイタッチしたなあ~(笑)

ご安心ください、処置後
ちゃんと手袋はめてますから
ダイレクトメッセージではありません。



ミニバレーの好敵手、ミスターミキことハマちゃんと

トイレの神様が、ほほ笑んだのか
12キロから、ずう~っと調子が良かった!

21キロの折り返し点前後
調子悪そうに、ペースダウンした
ランナーたちを、「はい、ガンバです!」
声をかけながら、抜いていく原鈑

するとその中に、ライバルの
スタンドマネージャーの姿が!

「エネルギーチャージ、持ってる?」
原鈑の問いに、「いいえ」と答える
マネジャー

「それはいかん!これを今すぐ飲め!」
そう言って、ゼリー状のドリンクを
手渡した。

その後、沿道の人と話したり
記念撮影に加わったりして、停まってる間に
マネジャーの姿は前方に消えました。

(まあ後半捕まえるさ!)そう思って
折り返してから、わかみやのお店で
32キロの看板を見た瞬間
羽をもがれたように、両足がウソのように
重くなり、上がらなくなりました。

マラソンでよく言われる、30キロ過ぎの壁です。
ウキウキの32キロから、地獄の10キロに
急降下です。

声をかけながら、抜いたランナーたちに
次々に無言で抜かれていきます・・・
何回もフルを経験したであろう、彼らは
終始安定したペースを守って
走っていたんです。

鉛と化した足を、右足、左足と
引きずるように交互に動かすだけ

スターウォーズのATATスノーウォーカーの
ような足取りで、ただただ残りの距離を
削り取るような執念のみ!

練習の時はあっという間だった
1キロという距離感が、とてつもなく
長く感じます。

ライバル視したマネージャーは
はるか前方です。

原鈑の出身である、越後の英雄
上杉謙信公の「敵に塩を送る」行為を
悔やみました。

あのゼリーを、30キロの時点で
オリが飲んでいたら、こんな状態より
ましだったはず・・・

それに引き替え、きゃつは
ガソリンを補充して、燃費走法してやがる!




オヤジの会 植田食品のおじごんぼさんと

こうなったら、ギャグで気持ちを
ごまかすしかない!

給水所に着くたびに、グリコのポーズで
「ゴォ~~~~ル!!」と言って停まると

決まって皆さん、手を顔の前で左右に振りながら
「いや~まだまだ!もっと先です!!」
お約束のリアクションをしてくれます(笑)

第一病院から曲がったところで
ようやくペースが上がりました。

そして、念願のゴール!!
4時間41分、ライバルのマネジャーに
15分差をつけられましたが、目標である
5時間は切れました。





運営スタッフ並びに、応援いただいた皆さん
みんなのおかげで、無事完走いたしました。

数年来、胸の内でモヤモヤしていた夢を
実現することが出来ました!

とくにマラソン本番の前後、お世話になった
整体院からだラボさん、ありがとう
ございました!

月曜日、ラボさんのケアを受け
バキバキだった足は、すっかりほぐれ
仕事したのは、もちろんの事
その夜、ミニバレーの練習にも参加

月曜から土曜日まで、すべてミニバレーをして
土曜日には10キロ走って、翌日の日曜日には
マウンテンバイク、帽子岳ヒルクライムは1時間を切り
ダウンヒルは、12分を切るという
ベストタイムを叩き出せました!

マラソン大会、それは応援する人と
される人。たくさんの愛が交差する
すばらしいイベントです!

「なんといっても、一番は内助の功
妻のMONさんのおかげかな!」

MONさん、原鈑の腹の中を見透かしたように
ニヤリと笑うと言いました

「お前が走ってるのは、ここだ!」
原鈑の足じゃなく、口元を指さし
言い放ちました。

「なに心にもない事、口走ってんだ
ゴラァ~!!」

人生とマラソンは、甘美な一瞬を味わうため
走り続けなければいけないのです。by原鈑


  


Posted by 原田鈑金塗装  at 22:52Comments(7)天草観光イベント