皆さんのスマホは、ihone(アイホン)?
それともアンドロイド?

原鈑はダンゼン、アンドロイドです!
スマホの条件として、防水・おサイフケータイの
2大機能は、絶対譲れなかったからです。

しかし、ihoneXになり
そのアドバンテージは取り払われ
長女以外の妻子は、みなアイホン。

携帯の料金も、機種の割引販売が
出来なくなるこの機会に、ボケ防止もかねて
長かったアンドロイド君との共生に終わりを告げ
アイホンデビューを果たしました。


アイホン

自分の妻を待ち受けにしている夫!
だってお気に入りなんですもの(笑)

やはりシステムが違うと、戸惑う事が
次から次へと湧き出てきます。

LINEの設定など、仕事上空白期間を作れない
早急なものは娘に教えてもらい

アプリやデータ、アカウントの移行などは
名探偵コナンばりに推理して

わからない時は、スマホに「ヘイ!シリ!」
疑問を投げかけると、答えてくれます。

頭でわからない時は、尻に尋ねるとは
技術の進歩で、天地がひっくり返ったんですね~。





腹話術人形の、タロー君をお腹に入れて
原鈑が向かったのは、楠浦小2年生の教室

今日の読み聞かせに選んだ絵本
「ママー、ポケット!」を読むのに
合わせて、この姿で子供たちの反応を見ます。




ママのポケットから、外の世界に出始めた
子供カンガルーが、ハチや他の生き物と出会って
ビックリしては、ママのポケットに逃げ帰るを
繰り返します。

ところが、同じ年頃の子供カンガルーと
出逢って、お互いビックリするものの
友達になって、もうママのポケットには
戻らないという、わかりやすいお話です。

読み終わったところで、時間が余りました。
今朝は職員会議があるので、時間ギリギリまで
読み聞かせを伸ばして下さい、との事でしたので
あと5分、タロー君とコントをすることにしました。

原鈑「タローくん、新しい元号って
何だか知ってる?」

タロー「う~~~ん平成から変わった
なんだったっけ?」

原鈑「タローくん、レがつくよ!れい・・・」

タロー「わかった!レイホク!」

原鈑「違うね!下は、ワがつくよ!わ!」

タロー「わかった!シンワ!!」

原鈑「ちがうね、そこ半分にしてから
くっつけて言ってみて」

タロー「ダメダメ!それはダメだよ!」

原鈑「なんで?」

タロー「レイホクは、天草市と合併は
しません」


原鈑「・・・・・・・・・・・・・・」

はたして、小学2年生にウケたのか
それを確認する勇気は、ありませんでした・・・・







  


Posted by 原田鈑金塗装  at 17:52Comments(8)ボランティア日々の出来事

2019年05月01日

平成JUMP、令和Landing



暮れゆく太陽に、散りゆくサクラ
ゆくゆくは、我が身も常世ならずと
想いを馳せておりますと

天草ケーブルテレビのキャスターが
慌てた様子でニュースを読み上げています。



緊急ニュースをお伝えします❗️
ただ今、元号が平成から令和に移行した事をうけて
苓北町と新和町が天草から独立を宣言し

令和市を設立致しました❗️
これを知った天草市長が、苓北町長に
説得を開始

プライドと草冠を捨てる様な真似はするな!」



苓北町長はニヤリと笑って答える。
「令和天草の乱!」

天草市長「なぜ天草を炎上させるようなことを
するんだ!」

苓北町長「だって、火力発電所があるからだもん( ´∀`)」

天草市長「…………」



深夜のフライト
窓際の席で、うとうとしている男の耳に
機内アナウンスが飛び込んでくる。

「みなさま、右手をご覧下さいませ
日付変更線が見えてまいりました。
令和に代わる本日は、元号変更線と
なっておりまして、普段の黒からオレンジ色に
変更されております。変更せん!と言いながら
特別な配慮でございます。」

令和になりましたが、相変わらず着地(
ランディング)に失敗する原鈑ですが
お付き合いのほど、よろしくお願いいたします\(^o^)/

  

Posted by 原田鈑金塗装  at 09:03Comments(0)日々の出来事雑記
お正月に、義妹夫婦とカラオケに行って
笑いを取るために、踊りながら
テケト~に歌った、マイケル・ジャクソンの
「スムースクリミナル」
採点が意外にも80点!

高得点を狙い、宇宙戦艦ヤマトの
「真っ赤なスカーフ」を、持てる歌唱力
すべてを出し切って、歌い上げた採点が81点

オリの本気なんか、どうせ1点だよ!
思わず手元のリモコンで、自分の頭をカチ割り
カラオケを、引退したくなった原鈑です…





名優ジャック▪ニコルソンとモーガン▪フリーマン
金持ちと、自動車の整備工の二人が
偶然病院の同部屋になり、ストーリーは展開してゆく

死期を悟った、モーガン▪フリーマンが
死ぬまでに、やりたい事を書いたメモを
ジャック▪ニコルソンが、金の力で実現していく
映画「最高の人生の見つけ方」




余命6ヶ月を宣告された、価値観の全く違う二人が
行動を共にすることによって、生まれる想いを
見事に演じる名作です!

さて、皆さんは死ぬまでにしたい事
いくつにありますか?




原鈑は、富士山登山やスカイダイビング
全国ラーメンの名店を巡る旅など
ありますが、この世に健康で存在する
のであれば、42.195㎞
フルマラソンを、1回は完走したい❗️と
いう夢がありました。





昨夜、ミニバレーの練習をしてから
天草工業を廻って帰宅。

瀬戸海峡沿いの、ウッドデッキの遊歩道
暗い夜に、黒っぽい足元

足の着地点が、おぼつかない
そのわずかなあいまいさが、ちょっとした
浮遊感を感じさせるランニング

背中のリュックの中の水筒が
時おり、カチャカチャ音を立て

足を押し返す、木の反発音
ポコンポコンという足音が

闇の中に、吸い込まれては生まれ
生まれては吸い込まれる

心もとないような、それでいて
ホッとするような、ほのかな灯りが
静かな海面に、わずかに揺れている。





そのなかに、ひときわ華やいだライトが
映し出されている。

瀬戸橋の入り口、天草丸です。





アロマに包まれながら、ハーブティーが飲みたい!
ひささんの、笑顔で差し出されたカップを手に取り
ノドに流し込む、そんな妄想をしながら
つばを飲み込む原鈑

7人でミニバレーをした後
リュックを背負って写メもとったので
ペースは落ちました。




原鈑、なにをやっても器用にこなせる
ように見せてるだけで、実は何をやっても
ダメダメ人間なのです(笑)

自動車の免許は、人の倍かかったし
思春期の頃は赤面症で、人前に出ることが
恐怖でした。

人の倍練習して、やっと人並み
そんな自分が、唯一人より秀でていると
思ったこと、それが長距離走でした。




2,3回走れば、10キロ一時間くらいでは
いつでも走れます。

学校のグランドを一時間も走ったのは
中学校の時に、罰として走らされて以来ですが・・・




1月27日の天草マラソンに向けて
今夜も10K走るかな~

「モーガン・フリーマンの演じた整備工
家族のために、自分の夢をあきらめ
誠実に働き続けた姿、オリにピッタリ
当てはまらん?」

そう妻に問うと、「なんば言いよっとね」
「アンタは好きで天草についてきて
好きで今の仕事しとっちゃろ?」

はたして原鈑は、死ぬまでに
妻の愛を得ることが出来るのだろうか?

「骨まで愛して」という歌があるが
火葬場で、亡き夫の骨を拾いながら言った
今は亡き、母の名言を思い出した

「骨になってから、愛しちゃったのよ」

骨のある男に、なりたいと願う原鈑の
骨身にしみる言葉である・・・

マラソン半ばで倒れたら
誰か、原鈑の骨を拾って下さい・・・

あっ!でも、骨も残らないかもしれません
だって原鈑、妻に骨抜きにされてますから・・・
  


Posted by 原田鈑金塗装  at 11:27Comments(9)映画日々の出来事イベント主義、主張

2019年01月09日

遊星からの物体X

それは、はるか宇宙のかなたから
人類が誕生する以前の太古に飛来してきた。

獲物になるべく、とりつく宿主を
何十万年と待ち続け、眠り続けてきたのだ・・・


仏手柑アップ

最初の獲物は、なんの罪もない
いたいけなネコちゃん


仏手柑に襲われるトラ



あぶない!その魔手から逃げるんだ!!

しかし、悪魔は獲物を逃がさなかった。


仏手柑から逃げろ

いたいけなネコの姿になりすまし
原鈑のミニバレーボールの
練習に同行した。




カバンの中で、そいつは変態していた。
体育館シューズに、履き替えようと
カバンを開けた瞬間を狙って
やつは勢いよく飛び出ると、凶暴な
本性をむき出しにして、原鈑に襲いかかってきた!




事態が呑み込めぬまま、得体のしれない
触手の化け物と、格闘する原鈑。


仏手柑憑依



抵抗むなしく、悪魔に支配される原鈑・・・


仏手柑


全人類に警鐘を鳴らさねば・・・
薄れゆく意識の中で、愛する妻の微笑みだけが
すべての記憶のごとく、浮かぶのだった・・・



「ほら!ぼーーっとしとらんで
手ば動かさんね!!」


はっと我に返る原鈑
目の前には、作業中の車が・・・



これは先日いただいた
仏手柑(ぶっしゅかん)という
かんきつ類、ゆずに近い仲間だそうです。


仏手柑2

原鈑「遊星からの物体Xに、体を乗っ取られて
   なまけ者になちゃったみたいです」

妻「郵便局から転職したから
  郵政からの、物体Xだな
  働きが悪いと、南極に氷漬けにするぞ!」

みなさん、辛い冬はいずれ終わります
春は、もうすぐですよ・・・・・・







  


Posted by 原田鈑金塗装  at 10:59Comments(7)その他原鈑劇場日々の出来事

2019年01月05日

冬休みの思ひ出

1月2日
元旦に引き続き、今日も帽子岳にお出掛けしようと
愛車のサドルに、またがろうとしたら
後輪のタイヤがペチャンコです。




RCサクセション「雨上がりの夜空に」の
フレーズが、頭のなかをリフレインします。

どうしたんだ♫ヘヘイベイビー❗️

はじめてのタイヤチューブ交換に、一時間もかかって
しまいました。

今日は、バイクをあきらめて
ランニングをする事にしました。

その前に、エネルギーを補充しに
城河原町にある、楽園珈琲に行きました。




出来立ての、ふわとろエスプレッソチーズケーキが
とても美味しかったです。

頭の中に、「ケーキ屋ケンちゃん」の
オープニングの歌が流れます。




ラッテ、ラッテラテ、ボクんち
ケーキ屋なんだ~もん

家からアレグリアまで、海沿いに堤防に沿って
10キロを、平均1キロを6分超えないように
本渡海水浴場まで走りました。




今回はイケてるよね、さっそうと走っていたボクを
かるーく流してる感じのお兄さんが、あっという間に
抜き去って行きました…

きっとあのお兄さんは、箱根駅伝の予備軍なんだ
そう思って追いかけるのは、ガマンしてやりました。

辺りはすっかり茜色です。




ペルラの湯で、汗を流します。
トイレを済まして、脱衣場に行くと
妙に周囲の視線が気になります。
(脱ぎづらいなあ…)そう思ってパンツを
下ろそうと足元を見ると、トイレと
書かれたスリッパが、ボクの足にはまってる
ではありませんか❗️

でもボクは、少しも慌てません。
DA PUMPの、USA のステップを踏みながら
トイレにさりげなく戻しました。

露天風呂で、はんなりと海を眺めてから
サウナに入りました。

ボクは、サウナに入ったら
その中の誰よりも、先に出ない事を
ポリシーとしています。

しかし、今回は強敵が潜んでいました。
ボクはサウナだけは、自分を甘やかしません。
一番高音になるであろう、高い隅っこに
陣取ります。

そのボクの目の前、一段低い席に座る
ラガーマン風の男、この男がしぶとかったです。

他のお客さんが、次々と脱落していくなか
そのラガーマンは、少しも苦しそうなそぶりを
する事がなく、いつまでも涼しい顔を
しています。

その背中は、微動だにせず
席を立つ気配が、まったくありません。

いけない❗️頭がボーッとしてきました。
敗北を覚悟しましたが、あと100秒ガマンを
決め、カウントダウンをはじめて
75秒を数えたあと、身動ぎひとつしなかった
ラガーマンが、大きなため息ひとつすると
退室して行きました。

ボクは、ささやかな己の聖域を
守ることが出来たのです。

しかし、神様はまだまだ試練を下さいます。
サウナの後に、水ぶろにつかれと言うのです!

一緒に行った義理の弟は
気持ち良さそうに、あっという間に
湯船に肩までもぐります。

そもそも、入ってるのは水なんだから
湯船というのはおかしいと思います。

30秒かけて、やっと肩まで体を
沈めたところで、あろうことか
給水口から、勢いよく水が流れてきました。

温度が上がると、自動で水がたされる
システムらしいです。

ボクは、勢いよく湯立ててから
さし水をされる、ソーメンの気持ちが
よくわかりました。




楽しかった冬休みも、あっという間に最終日です。
今年も、妻から水をさされないように
お仕事がんばっていきたいと思います。

おわり



  


Posted by 原田鈑金塗装  at 17:02Comments(4)楠浦町日々の出来事楽園珈琲
松本零士さんの銀河鉄道999のあと
新竹取物語「千年女王」というアニメが放送された事
憶えてる人いますかね~?

ましてやオープニングソング歌える人って
天草にいるのかな?

歌詞がすばらしいんです!

「10年は夢のよう、100年は夢また夢
1000年は一瞬の光の矢

過ぎてく時間は怖くない
輝きを失うのがいやなのです。」

幼少期、アニソンを憶えることに
特化してしまった原鈑の脳は
学校での勉強を、すべて排除
現在に至る次第です・・・




あっという間に、大みそかという一日が
一年と共に終わろうとしています。

年を取るとともに、年月の流れが
どんどん早く感じることを「ジャネーの法則」という
そうですが、いやホント早い

前回の記事で仕上げたエルカミーノ
素敵な前撮り画像を、オーナーが送ってくれました

結婚式も無事終えられたようで
なによりです。

一日一日、愛を育んで下さいね!




30年愛を育んできた我が伴侶
30年間愛を注ぎ続けても
彼女の心は満たされませんが
一滴のワインをグラスに注ぐだけで
この笑顔・・・






それでも、早めの誕生日プレゼントを頂きました!
進撃の巨人、リヴァイ兵長の日めくりカレンダーと
ライオンのもふもふスリッパicon06




いただいた愛は、お返し
そして、おっそわけしましょう!

保育園からサンタさんの依頼
子供たちからは、笑顔のプレゼント!

あっ!ちっちゃい子は何人か泣いてた(笑)




サンタならぬ、息子からのプレゼント
マウンテンバイク!!




もうすぐ55歳になるオヤジですが
2時間もあれば、楠浦から帽子岳に
ヒルクライム!亀場側に荒れた道を
ダウンヒル!




息子想いの父は、息子の冬のボーナスにもたかり
撮影用の「GOPRO7 BLACK」も手に入れました
どうです、逆すねかじり!

映像きれいですが、さすがに揺れは
完全に抑えきれません

車酔いしやすい人は、長時間見ない方が
いいみたいです

興味のある方は、ダウンヒル1~3まで
ありますので、ご視聴ください





でも、まだまだ初心者なので
急な悪路では、ひっくり返ってしまいました

ヘルメットしてて、良かった~~




あちゃ~みてらんにゃいにゃ~




何やってんの、あたしゃお刺身おかわりできる
マリンさんで、ビールをノドから胃にダウンヒル!




男はいろんなモン、しょってるんですよ!




それでは皆さん、良いお年をお迎え下さいませ~~ヽ(^。^)ノ  


Posted by 原田鈑金塗装  at 16:30Comments(5)日々の出来事
仕事中のおともに、ラジオを聞かれている
方も多いのではないでしょうか?

原田鈑金でも、開業以来30年以上
RKKラジオが、工場内で流れております。

仕事の手を止めることなく、仕事にいそしみながら
楽しいお話や情報を届けてくれる、ラジオの存在は
実に、ありがたいですよね。

そんなよく知る、RKKのミミーキャスターの
小野さんと岡本さんが、「オヤジの会」の代表
野上さんのところへ、取材に来られました。

3人のキャスターが、二人づつペアとなって
その都度その都度、取材をする役目と
サポートをする役目と、ローテーションして
熊本県各地を、回られています。


ミミー号ルーム→こちら



今回の取材担当が、写真右の「小野 錦(にしき)」さん
写真左の「岡本 結季」さんが発信用の器材準備など
サポートにまわってます。

限られた時間で取材、的確にポイントを押さえる
小野さん。

完全にサポート役に徹し、取材中はドアの開閉にも
音をたてないように細やかな気遣いをされてた
岡本さん。

ミミーキャスターお二人の、テキパキとした仕事ぶり
若いのに礼節の正しさ、心の底から元気をもらえる笑顔
ただただ、感心致しました。





放送は、あっという間の5~6分間でしたが
会長の野上さんのおかげで、またいい経験を
することが出来ました!

あっ!でも記念撮影の時だけは邪魔かな!
野上さん、カメラお願いします!(笑)





お父さんが読み聞かせをやっているという
めずらしさで、メディアに取り上げてもらってますが

この天草はもちろんの事
全国には、子供たちのために頑張っている
「お母さんたち」がいることを、決して忘れては
いけないですね。

お父さんの「読み聞かせ」に対する
私の妻の「言い聞かせ」です。

原鈑が、工場よりお届けいたしました。
  


Posted by 原田鈑金塗装  at 13:57Comments(10)ボランティア日々の出来事

2018年07月10日

空白を埋めよ

この3カ月間、囚われの身となって
ブログ更新ができませんでした・・・


囚われの原鈑

この間も、いろいろありましたので
駆け足でご報告いたします。


眼鏡橋と疾走する巨人


小型ポンプ操法水出し
今年は2年に一回ある、天草市の小型ポンプ操法大会
旧本渡市の9つある町が、持ち回りで出場するのですが
今回は楠浦町の順番が、36年ぶりに回ってきました。


しょうぶ祭り

前評判をひっくり返し、3位入賞!
努力が花開きました


ホテイアオイ

日曜日の度に行事がありましたよ

天草トライアスロン
天草トライアスロン、バイクフィニッシュ前の係り
ただでさえ、自転車をバイクと呼ぶ違和感がぬぐい去れないのに

自転車を、降りなければいけないラインが
わかりずらく、急ブレーキが間に合わず
転倒する選手が続出するのが、さも原鈑のせいとでも
言いたげに、トライアスロン協会の役員が来て

「降車ラインは、バイクフィニッシュゲートの下の
赤いラインです!って言って下さい!!」

原鈑「そんな早口言葉、時速40キロで下りてくる
選手に言ってるヒマあるか!オレは滑舌悪いんじゃ~~!!」
と半分切れながら、大声で注意喚起
毎年ノドやられます


かもめ飛翔

ああ、まる1日休みたい!!
俺に自由をくれ~~~


ラテアート
 
はい、つかの間の休息
2+COFFEE のラテアート
絶対採算合わないと思われる
デザートプレート


2+COFFEE

稜南中体育大会

書道に夢中で、ハナから妻に
相手してもらえませ~~ん!

「今夜はしょうぶだ!」


夜のしょうぶ祭り



心の中にも、お花畑が欲しい!

カラスアゲハ

泉家オープンガーデン

家では書道部屋にこもり、手持ち無沙汰な原鈑は
家と工場でぶらぶら・・・

外ではせめて、ラブラブしてくれ~い!


黄色に塗装

その間も仕事

巨大レッサーパンダから、子供を守り


森岡畜産 レッサーパンダ

妻もこき使い
手書きカンバン

書道にはまりたいのに、工場にかかりきり・・・
妻は、MON MONとしています
このままでは、嫌われる!




恋のイロハを、やりなおさなければ!

イロハ

夫の愛より、目の前のビール

イロハでビール

書道の師匠宅へ八代へ
そしてビール!


八代でビール

楽園をもとめて・・・


ここでもビール!!
カメラには目もくれず、視界にとらえるのは
ただただ、ビールのみでビール飲み!


楽園麦酒

ジャリ道を歩いた、我が家のトラ次郎が言いました

トラ肉球

「肉球イテ~~~」
にくきゅう痛てー →にくきゅいてー
→肉くいてー」


じゅてランチ

やってきました、ぐらん・じゅて

全部クッキーで出来てる
ぐらん・じゅて!


ぐらん・じゅて クッキー

ここではワイン
満面の笑みが、ボクには一番のごちそうです(笑)


ぐらん・じゅて ワイン

あぶない飼い猫

あぶない飼い猫だって!?

「ちょっと!オシリ撮らないで!!」


にゃむ おしり

てへペロ

ネコ てへ♡ペロ







おしまい

足りない空白は、おのおの埋めて下さい・・・















  


Posted by 原田鈑金塗装  at 11:33Comments(5)ボランティアおでかけ日々の出来事イベント
それは何の前触れもなく
我が家にやって来た!

いや、正確には持ち込まれたのだ・・・
ジグソーパズル大挙襲来!!

ジグソーパズルがご趣味の
電気屋さんの奥様が、欲しい人にあげて下さいと
完成させて、フレームにまで入っている
パズルの数々・・・・


ジグソーシャチ

原画はほぼラッセン

これ、イルカマリンワールドに良くね?
よくよく見たら、イルカの天敵のシャチでした(笑)



ジグソー童

樹上の童
サイズは1000ピースから1500ピース


月下の虎

月光の中で、愛らしい白虎の親子


ジグソー白馬

こちらは白馬のカップル
やはり月下では、白が美しく映えるんですね



三匹の子ライオン

こちらは、いじわるなブタに
住む家を、鼻息で飛ばされ

悲しんでいる、3匹の子ライオン・・・
(諸説あり)



ジグソー大桜

モデルは一心行の大桜?


ジグソー犬

「パトラッシュ、ボクはもう眠いんだ・・・」
パトラッシュは言った
「黙ってネロ!」


ジグソーお札

結局最後はゼニや!
世の中ゼニなんや!!

持っていると、五千円と間違えるけん!
ババ抜きのジョーカーのように、嫌われ
次々に抜かれた二千円札は
今、天草島内に何枚あるのだろう?

ジグソーパズル、実は大好きなんです!
妻の酒と同じで、手の届くところに
あったら、誘惑に勝てないんです

そりぁ~もう寝る間も惜しんで
ハマらないパズルのピースに、ハマります!(笑)

なので、決して手を出しません!
お部屋のインテリアに
お店のディスプレイに、欲しい方あげます!
早い者勝ちです!!

ちなみにジグソーとは、英語で糸ノコのこと
糸ノコで、木片の地図をバラバラにして
子供に組み立てさせたのが、はじまりだそうです

余談ですが、プロレスラーの「ミル・マス・カラス」の
入場曲「スカイ・ハイ」を歌ってるのは
ジグソーという、イギリスのバンドですが

歌の内容は、失恋した男の
女々しい歌詞だと、最近知って
ショックを受けた原鈑です・・・

持ち込まれた、パズルを眺めながら
妻のMONさんに言いました

「僕たちも、結婚して30年
日にちにすれば、一万日以上をともに
過ごしてきたんだね

特徴のある、印象深い日もあるけど
ほとんどが、変わらない日常だった

だけど、似たような毎日だけど
このパズルのピースのように、一日として
同じ日はないんだ!

そんな毎日を、一つ一つ組み上げて
今の僕たちが、あるんだね」

よし、決まった!そう思った矢先
妻の口もとが、キュッと上がった

「そうだな~・・・でも一瞬で
バラバラにくずれるから、油断するなよ!」

一瞬たりとも気の抜けない関係に
原鈑の、30年積み上げた心は
バラバラに崩れ去るのであった・・・

頭の中で、スカイ・ハイが流れている


  続きを読む


Posted by 原田鈑金塗装  at 17:51Comments(10)日々の出来事

2018年01月13日

原鈑です・・・・・



※本文は、↑上のBGMを流しながら
お楽しみください




原鈑です・・・・・・・

「原鈑さんは、雪国の出身だから
天草の冬なんか寒くないでしょう」

天草に移り住んで、もう26年です!
ボクをヒマラヤの雪男とでも思ってるんですか!


原鈑です・・・・・・・・

「雪が降ると車の事故が増えて、もうかるでしょう」

5台入っても、10台入っても
一日、1台しか仕上がらんとです!
車が入れば入るほど、能率が下がるだけです・・・・・・


原鈑です・・・・・・・・

車をちょっとこすったお客さんに、コンパウンドで磨いて
ちょっと筆で色を塗るだけなら、お金はもらいません
サービスです

お客さんがお礼にと、ビールを持ってきてくれます
ありがたいのですが、ボクは、お酒をほとんど飲めません
妻が全部飲みます・・・・・・・・


原鈑です・・・・・・・

DOCOMOショップに勤める息子がいるのですが
稼ぎがいいのか、夕食のおかずが
原鈑より、一品多かとです・・・・・・・・


原鈑です・・・・・・・・・

原鈑さん仕事もできて、スポーツもできて、素敵~~!

ちょっと自分で言ってみただけとです・・・・・・・


原鈑です・・・・・・・・

車の新品部品のドアを、右と左を間違えて注文したとです
表と裏、ひっくり返してはめても、ハマるわけがないとです・・・・・・・

また、おかずを減らされそうです・・・・・・・・


原鈑です・・・・・・・・

雪が積もった車を、うっかり「ツートンカラーです」と
自信たっぷりに言い切ってしまいました・・・・・・・




また違う部品が届きそうです・・・・・・・
もう、ごはんさえ、ないかもしれません・・・・・・・・

原鈑です・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・原鈑です・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・原鈑です・・・・・・・・・・・・・












  


Posted by 原田鈑金塗装  at 11:06Comments(6)原鈑劇場日々の出来事

2017年12月05日

看板当番、ボク原鈑

浜石油さん向かいの、県道からの入り口に
立てていた、原田鈑金塗装の看板
現在の看板が、長年の風雨に耐え切れず
片側の足が折れてしまい
目立たぬところに、立てかけていたのですが
さすがにわかりずらいだろうと
新たな看板を、立てることにしました。

真っ白な看板

原鈑、日常業務で手いっぱいなので
先代の義父の出番です。

L型の鉄、いわゆるアングルを骨格に
木材をはさみ込み、トタン板を巻きます。

ハイ、まっさらな看板の出来上がり~~
原鈑の心のように、まっしろ!!
えっ!?しらじらしいって?
早く次の説明をしろ?



看板構想中

これに、カッティングシートのありきたりの
文字じゃあ芸がない!

ハイ、書家に登場してもらいましょう!
看板なんて、お手のモンだMON!

ただ今文字のバランスを、構想中
けっして今晩の晩酌の、イメージトレーニングを
しているわけではありません。





文字のイメージが出来ると、なんのためらいもなく
筆を走らせます。

二段ベットにも上るのが苦手な
高所恐怖症の妻、MONさん

その、うしろ姿を見ていると
無性に登っている脚立のあしを
揺らしたくなります。ウズウズ・・・



看板文字入れ中

普段とは全く違う環境。
紙ではなく、トタン!
墨ではなく、車補修用のウレタン塗料。

傷み切った、使い古しの筆
いつまでも大人になりきれない夫!

すべての困難を克服して、書家は
作品を仕上げます。


看板完成

あっという間に、裏も表も書き上げました!
なんという書体なのか、正体は不明・・・というか

あまりにも日常、きかない言葉なので
忘れちゃいました(笑)

そして設置したのが、こちら!!








・・・・・・・・・・・!

もとい、こちらです!




いっさいのサブコピーを排除して
社名だけという潔さ!





この看板を目印に、遊びに来てね~~
お見積もり、ちょっとした筆塗りは
基本、無料ですよ







  


Posted by 原田鈑金塗装  at 09:42Comments(9)日々の出来事
事件とは、思いもよらない時に
突然に起きるものなのです。

気にしない人は、全く注目しないが
見ている人は必ず目が行く、ブログランキング

なんと、当ブログ・・・・あの不沈船、海南丸を沈め
いきなりの1位!!



気の向いたときにしか、いい加減な更新しかしないのに
どういうこと!??

北朝鮮のサイバーテロ攻撃??
アクセスが急上昇したのが、3年と半年も前の
こちらの記事 大破!!

突然の異変に、ブログランキング審議委員会の理事から
聞き取り調査の呼び出しが・・・・ありませんでした。

寒い冬場は、コーヒー飲むと
トイレが近くなる、ぼうこう(膀胱)問題はありますが
私は、まだ引退はできません(^_^;)




でも、諸事情ありまして
このたび看板を下ろすことになりました。

今夜は消防の操法大会、最後の訓練があるので
詳細はまた、のちほど!


  


Posted by 原田鈑金塗装  at 18:39Comments(8)かたらんな日々の出来事

2017年11月23日

天地無用

原鈑と妻の前職は、郵便局です。
上に常に反抗していた、妻のMONさんは
辞表を提出したら、上司がスキップして
局長に報告に行きましたが

将来を嘱望された、まじめな職員だった原鈑は
局長から「考え直せ!」と何回も説得されました(笑)

勤務先であった、小包集中局
郵便番号で区分けされた小包が、シューターから落ちてきて
それをパレットと呼ばれる、搬送用のカゴに積み込んでいきます。




当然、すき間なくキレイに積んだ方が効率的です。
そんな中、天地無用と書かれた小包がありました。

(天地関係ないのか)そう判断して横にしてつもうとしたら
先輩職員から、叱責されました。

「天地無用なんだから、横にしたらダメだろ!」
えっ?だって無用でしょ?天地の区別はないですよって
いう意味じゃないんですか?

ほとんどの人が、心配無用とか遠慮無用とか
そっちのイメージですよね?

ところが日本語の難解なところで
してはいけないの無用も、あるんですね。
立ち入り無用、落書き無用などなど




近頃は、マークのステッカーが貼ってあるので
間違えにくいですが、当時は文字だけでした。

ところで辞めると宣言したら、上司にスキップされて
喜ばれる、反社会的アウトローのMONさん
車のハンドルを握っても、ファンキーな言葉が飛び出ます。

「あっやっぱり飛び出てきた、このくそじじい!」

ボクはキミのお尻からさえ、そんなものは出て来ないと
信じているのに、素敵なお口から「くそ」なんて
排出しないでもらいたいな

近頃は世間の言葉も、クソわろた(爆笑)とか
クソまずいとか、汚物まみれで気分が悪い

そういう、はばかったものは
下からこっそり出す、「天地無用」でお願いしたい。
どうしても言いたかったら、クソをウンコに置き換えて
出来れば「お」をつけてもらえれば、ありがたい。

くそじじい改め、おうんこじいさん
クソまずいじゃなくて、おうんこまずい!
原鈑の熱弁を静かに聞いていたMONさん

「ほ~じゃなにか?ヘクソカズラは
ヘウンコカズラ?ムシクソハムシは
ムシウンコハムシっていうのか?
クソはクソだろうが~!このボケ~~!!」

某元議員の、公設秘書のように
ミソクソ言われた原鈑は、問(MON)答無用と
一刀両断にされたのでした・・・。

天地がひっくり返っても、我が家の上下関係は
ひっくり返ることはありません。

なお、この内容は妻に知れると
非常にまずいので、みなさん他言無用でお願いいたします・・・




今夜の晩ごはん
モチピザとチキンライス

いつもありがとうございます  


Posted by 原田鈑金塗装  at 18:22Comments(5)家族日々の出来事主義、主張

2017年10月27日

お知恵拝借

京都と滋賀にいる、長女と次女が
休みを合わせて、里帰りしてきました。

妻もかわいいですが、娘もかわいいですね(笑)

出産前は、無事に生まれてくれ
保育園では、足速くなってくれ
学校行けば、いい成績とってくれ

いいとこ進学してくれ、就職、結婚、孫の顔
成長と共に、親の欲目は尽きませんが
こうして元気な顔を見せてくれるだけで
ありがたいことですよね

クモの巣に、たっぷりからんだ朝露も
秋の陽光に干されて、すっかり消えてしまいます。




お昼ご飯は、新鮮野菜のサラダに
お刺身のヅケ茶漬け

食欲の落ちる夏場は、冷し茶漬けはかかせませんが
やっぱり熱いお茶漬けの方がうまいですね

魚のダシが染み出て、しゃぶしゃぶの
ミディアムレア状態のお刺身が、絶妙です。





先日、フェイスブックでの献血の呼びかけに
血を抜かれに行ってきました

血も「痴」も抜いてもらって、まっとうな人間になって来い!
妻の激励を受け、会場となっている
スーパー太陽の駐車場へ

献血カーで、熊本から来ている赤十字社の
お姉さんが、「ブログ読んでましたよ~」と
うれしいお言葉をかけられました!

ご出身は天草だそうです
採血する時に、「ヤケドに気をつけて下さい!」と
注意喚起すると、「なんでですか?」と聞かれるので
原鈑こう答えます。

「アツい男の血が流れてますから」

「・・・・・・・・・・」
もはや、暑苦しい男でしかありません(-"-)

10回目の献血という事で、記念品も戴きました・・・が!!
お酒を飲めないアタシに、盃ですか!(笑)




途中何回か、献血カードをなくしているので
たぶん18歳から続けて、100回以上は
血を抜かれております。

輸血後、妙な性格に変わった人が
全国各地にいるかもしれません。




12月7日の本渡方面隊の、小型ポンプ操法大会に向けて
月、水、金曜日と、夜の7時半から
楠浦小学校グランドで、練習をしております。

53歳、おそらく最年長の指揮者として
出場いたします。

(時間がねぇ~~!)と思っているところに
稜南校区三校連絡会PTA研修の講師の依頼が!

極力NOを言わない主義なので
受けてしまいました・・・

そこで皆さんにお願いです。
役員決めや、活動したPTAでの
エピソードや問題になったこと

子供の事や先生の事
先生から保護者への要望など
なんでもかまいません

もちろん、発表する場合は
個人情報は出しませんので

お教え下さいませんでしょうか。
皆さんのお知恵を拝借いたしたい!!







  


Posted by 原田鈑金塗装  at 10:34Comments(4)ボランティア日々の出来事お家ごはん

2017年10月04日

努力が才能を抜く日

今や、春の行事となりつつある運動会
小学生の頃、徒競走のスタート直前なんか
隣の人に聞こえるんじゃないかと思うくらい
心臓が、バックンバックン鳴りましたよね~

原鈑、足が速いように見えるでしょ?
速いです!(笑)でもハンパに速いんです・・・

この、速いけれどハンパに速いのが
あまたの悲劇と喜劇を、生み出すんですよ

平成3年、原鈑27歳で天草に引っ越してきた年の
楠浦町の運動会、「まあ一般の人には、負けませんよ」と
引き受けたのが、男子200メートル競走

スタートから快調に飛ばし、トップのままゴールテープは目の前
(へへ、楽勝だぜ!)と思った瞬間、足がもつれ転倒
転がりながらフィニッシュしたものの、結果は2位・・・・
199メートル走なら勝ってたのに~っと、200メートルを
甘く見ていた自分を反省、翌年はリベンジしました

40代後半になると、リレーのアンカーで抜かれることが
何回かあり、打ち上げの飲み会の
いい肴にされてました(笑)

そして3年前、満を持して出場した
50代男子60メートル競走!

「50になりたてのオレに敵はいねぇぜ!」と臨み
号砲一発!スタートを出遅れはしましたが
トップスピードに入れば、抜けるっと思って
走ったものの、トップに先行逃げ切りをゆるし
ゴールまで前には出れませんでした

町では、50代最速と思っていましたが
まさかの2位!
となりの地区のY氏、あの人そんなに速かったっけ?
まったくのノーマークでした・・・

(あの人、長い距離も早いし
影でそうとう努力してるんだろうな~)

翌年、前年の反省を踏まえ
スタートに集中し、絶妙の飛び出し!
スタートから体を起こし、スピードに乗ったところまで
視界には誰もいません!「いただき~!」

ゴール手前、勝利を確信した次の瞬間
原鈑より先に、ゴルテープにY氏が
体を、ねじ込んできたのです

やられた!ゴール前で抜かれるとは
逃げ切られるより、はるかに屈辱です

その年も、汗と無念の涙を
楠浦小のグラウンドに、染み込ませたのでした





そして10月1日の日曜日は、楠浦町の町民体育大会でした。
53歳で迎えた50代、60メートル走

ライバルのY氏は、55歳か56歳
楠浦の並みいる先輩スプリンターたちが
50代後半から、ガクンとそのスピードを落としているのを
一緒に走っていて、肌で感じています。

(今年勝たなきゃ、本当の勝利と言えないぜ!)
ところが、そこに新たなライバルが出現!!

100メートル走、地区対抗リレーと
一度も勝てたことがない、天才スプリンター
船津地区のH!!

(しまった!もう50になりやがったのか!
3年前の自分がそうだったように
絶対的な自信が、不敵な笑みとなって
唇をゆがませてやがる)

ウサイン・ボルトをほうふつさせる
大柄で、屈強な体を持つH!

グラウンドでは飽き足らず、日ごろは日本中の
道路を走り回る彼は、まさに走るために
生まれてきたような男だ!


あヤツのせいで、町民運動会は
敗北の歴史を、積み重ねてきたと言っても
言い過ぎではない・・・

同時スタートの徒競走では、そのポテンシャルの違いから
圧倒的大差をつけられ、背中を触るどころか
その影さえも踏めず、彼の後塵を浴びせられ続け

順位を決める得点倍の、地区対抗リレーでは
先を行けば、追従を許さず
前を走れば後ろから、せせら笑うように
抜き去られる始末

所属する地区のテントの応援を、たちまち歓喜と悲鳴に変え
白黒をこれでもか!というくらいつけられた、苦い苦~い記憶

しかし、オリの20年計画では
30代40代では勝てなくても、この50代で
お前を負かす予定なのだよ・・・

才能と努力のY氏、天賦の才能 H!
そして、わずかな才能と最小限の努力の人
原鈑!!

積年の思いを晴らすべく、運命のピストルが鳴る!
今年も絶妙のスタート切れた

よし!視界前方はクリア!誰も先を走ってはいない!
「原田さん、速く出過ぎ!!」場内アナウンスに
いじられ、止めていた呼吸がプッと笑いと共に漏れるも
トップスピードへ体をのせる

ゴールまで20メートル
ここで、船津のボルトが来た!!

(やはり来たか!!)

並ばれ、その大きなストライドにおいて行かれると
観念したその時だ、ヤツが失速した

「!??」

加齢の衰えと、50代をなめていたヤツは
短パンではなく、長パンで走っていたため
最後の最後で、スピードが落ちたのだ

ゴール寸前、わずかに胸の差で
これまた僅差のY氏も抑え、原鈑
数年ぶりに、楠浦町徒競走の頂点に立ちました

わずか60メートルの中で、抜かれてそれを
抜き返すという、ドラマチックな展開(笑)

なぜ今年は勝てたのか?

1ヶ月前から、12月3日の大会に向けた
消防団の操法訓練が、始まっていて
トレーニングをしていたからでした(笑)

あ~あ、5回目の操法大会出場ですよ(;_:)
まあ、頑張ります!どうせやるなら
やっぱり負けたくは、ないですから(笑)(笑)


長淵剛を好きな方も、そうでない方も必見!
エラブチ 剛、チケットのお求めは、お早めに~~














  


Posted by 原田鈑金塗装  at 15:18Comments(6)楠浦町日々の出来事イベント






仕事でかかってきた電話の
受話器の向こうの人を
クスッと笑わせる

見知らぬ子供から
元気な「こんにちは!」をもらう

あたりまえに動けて
あたりまえに仕事ができて
あたりまえににお腹がすいて

家に帰れば
食卓に好きなものが
用意されていて

作ってくれた人を
見つめれば

なにも言わないのに
ニコッと微笑んでくれる

小さなよろこびを
ひとつ、またひとつ積み重ねて
大きな幸せをつくろう

コツコツと築いたものは
一瞬では、くずれない

ハートのダークチェリーを
見つけて

そんなことを思った
土曜日のお昼

この世界と日常は
小さな幸せと、たくさんの好意で
あふれている




  


Posted by 原田鈑金塗装  at 14:15Comments(7)日々の出来事ポエム・・・もどき!



今から3週間前、ミニバレーの練習中でした
その日は特に調子がよく、体も動くし
普段、なかなかアタックを決めさせてくれない
相手から、面白いようにポイントが取れます

後方から、ネット際への二段トスに合わせて
走り込んで、ギリギリ間に合うか間に合わないかの
タイミングで、思いっきり打ち込み

勢いをすべて止めようと踏み込んだ左足の下に
相手チームの足がありました・・・

予想外の着地点に、足首は外側にくの字に折れ
ゴキュ!!
鈍い、イヤな音が耳にはっきり聞こえてきました

(やっちまった~)
バレーやバスケで、一番多いパターンですね・・・




誰の足かい!っと突っ込みたくなるような腫れ具合
あまりの痛さに、次の日に病院へ

普通にレントゲン写真を、撮る分にはいいんです
じん帯の傷み具合を、撮りますからと
悪魔のレントゲン技師が、足首を痛い方にねじります

「うごっ・・・・・・・!」
エンディングのサザエさんのように、息をのむ原鈑

幸い骨には異常はなく、じん帯は少し伸びているそうです
「1ヶ月かかりますかね?」原鈑の問いに
先生は即答しました
「1ヶ月じゃ相当早い方だよ~無理しない!無理しない」
引きずる左足も、心も重く病院を後にしました

よりによってその日は、ヴェルファイヤという
背の高い車の、天井の塗装でした

ふだんは、ひょいひょい登れるはずの脚立も
一段一段、左足に負荷がかかるたび
額から脂汗が噴き出してきます

オヤ汁を塗装面に、ポタリとたらしたら
塗り直さなければなりません
通常の倍以上の時間がかかりましたが
何とか塗り上げました

2階までの階段が、気の遠くなるような高さに見え
工場の端から端までの、長いこと長いこと

人間、病気やけがに直面すると
つくづく健康体のありがたみが、身に沁みますね


タロー大口開けしゃべり
しかしまあ、2、3日で痛みはだいぶ和らいだし
ミニバレーをしていた夜の時間が、空いて他の事が出来るし
ちょうど、よかよかさんの車も
追い込まないと、間に合わなかったので
結果オーライですね!

捻挫から3週間、夕べ久しぶりに
ミニバレーのコートに立ちましたよ
多少のブランクは感じたものの、普通にプレーできました

お医者さんの予見を、裏切る早さでナゼ!?
その秘密はまた今度




  


Posted by 原田鈑金塗装  at 10:21Comments(3)日々の出来事

楽園スタイル「巻く」、講師「海月」さん指導のもと
作ってきた、飾り寿司です

さて、皆さんは行きつけの理髪店や
美容室はありますか?

特に女性は、お気に入りの美容室を探して回る
いわゆる「美容室難民」の人が、多いようですが

恥ずかしがり屋で、小心者の原鈑は
なかなか知らない店のドアを、開ける勇気は
わきません

かたらんなブロガーの、かみきり虫さんにも
父と息子の、男子三代でお世話になっておりますが

私が長年お世話になっているのが
亀川にある、ヘアーサロンながたさん

お互いの娘が、クラスメートで仲が良かったのが
ご縁で、それ以来通っております

先日、その中学校時代の先生とお会いしたところ
当時から、頭頂部のさびしい方でしたが

「私は、もう床屋へは行きません
自分で、バリカンを使って横だけ刈ります」

そう悟りを開いた顔と、頭で静かに語っていました




さて、めずらしく予定のない休日
軽く仕事をしてから、髪を切りに
長田さんへ

先客があるので、待合の椅子に座り
視線を落とすと、ちょっと読むにはよさそうな
雑誌が目に入る

パラパラっとページをめくると
神のいたずらか、悪魔の誘いなのか

テレマークを決めた、女子ジャンプの
高梨選手のように、ピタリと
あるページでとまった

袋とじ!!題名は「究極のヘアヌードグラビア」!!
周囲に気づかれないよう、震える指先を
押さえながらページをめくる

ところがである、袋とじは封を切られておらず
袋とじのままではないか!?

店主の怠慢だ!客の髪を切る前に
こっちの紙にも、ハサミを入れといてくれよ~~!!

今までの客の中に、未知の大海を切り開く
コロンブスのような男は、いなかったのか~!

声に出せない、悲痛な叫びをあげる原鈑
やぶりたい!だがこの静かな店内に
ビリビリと、紙をやぶる音が鳴り響いたらどうなる?

大人なお客さんは、瞬時にして(やったな)っと
口元に笑みを浮かべ、背中で原鈑を笑うに違いない

いや、それはいい
だが、お店を手伝っている
美人の奥さんに聞かれたら

PTAの役員までして、今まで築き上げてきた
ダンディな原鈑のイメージが、一瞬にして
瓦解してしまう!それだけは避けたい

やぶるべきか、やぶらざるべきか!
週刊誌を広げ、わなわなと震えていた時

「原田さん!」
おもむろに店主に呼ばれ

「ひっ!?ひゃあい!!」
ひっくり返った声で、返事をする原鈑

「お待たせいたしました」
原鈑の、心で流した涙を
知る由もない店主は、笑みを浮かべ
理髪台へ移動を促す

男子本懐を得ず・・・
週刊誌と、ほんの少しの
スケベ心を、そっとテーブルに置くのだった

世の、小心者の男性同志諸君!
「破るは恥だが、損ではない!!」


  


Posted by 原田鈑金塗装  at 16:00Comments(7)日々の出来事

2016年12月24日

まだだらけ

年賀状・・・・・・まだ
大掃除・・・・・・・・・・・まだまだ
今年中の仕事・・・・・・・・・まだまだまだの


まだだらけ!!



まあジタバタしても、しなくても
お正月とクリスマスは、やって来るんですよ
合言葉は、「出来たしこ!!」
今年中で請けた仕事は、こなさないといけませんが・・・

イルカマリンワールドの、ファンタジェスタの皆様
みんなが、ファインダーに収まっているこの画像
たまたま居合わせてた、お客様に撮って
いただきました(^_^;)
恐縮です!震災の影響で今年は大変だったでしょうに
いつもいつも、夢をありがとうございます!






時という葉が、どんどん落ちていく中
時間に追われる原鈑のために
妻が、維新之蔵さんの「プレミアムチーズケーキ」
ニューヨークチーズ風に、ステック状に
カットしてきてくれました!

ホールのケーキを、棒状に切る発想
頭の固い、原鈑には思いもつきません

これなら、ブログを書きながら・・・もとい
パソコン仕事をしながら、ケーキも楽しめますね!







パスタTENさん、クリスマス期間限定
タラコとえびのパスタセット







「トッピングは、青じそとねぎとお選びできますよ」
ママさんの優しい問いかけに、ねぎを選択いたしました




ねぎの風味と、しそにはないシャキシャキが
食感にプラスされて、タラコとパスタとエビの
まさに「うまさのトルネードやぁ~!!」




身近に、風邪ひきさんも増えてきました
健康には、くれぐれも気を付けて

せわしい年末を乗り切って、来年も「いいね!」
しましょうね!!




1月20日 かたらんな オフ会 ありますよ~
くわしくは ↑ クリック
  


2016年12月11日

深まった秋の行方



冴え渡る青空
サンデーモーニングの、スポーツコーナーの
アッパレとカツを見てから、休日のゆったりとした
時の流れのまま、ゆるゆると仕事にむかう




工場のシャッターを開けると
大好きな、日曜日の仕事の始まりだ

電話も鳴らず、来客もない
仕事をせき立てる、従業員さんの目もない
完全に自分のペースで、作業ができるのだ




カサッ!、踏み出した足の下で
何かが粉砕した

木枯らしが届けてくれた、冬の便り
誰かさんが見つけた、小さい秋は
深まったあと、誰にも見つからないまま
冬に様変わりする





小さい春の日和が、映し出す
穏やかな冬の、ささやかな幸福




今日の作業が、明日のせわしない日常を
和らげてくれるのだ




さあ、今年も残すところあと3週間
今年中の納車と、消防団の年末夜警
しわす れた事、ありませんか?


  


Posted by 原田鈑金塗装  at 20:00Comments(4)日々の出来事